【翻訳】LSVのプレイング 時を超えた選択 by Luis Scott-Vargas

end-hostilities-730x280

Channel Fireballより、LSVのプレイングガイドの記事です。
今回はバントコントロールが緑白変異に追い詰められている状況です。
時を超えた探索でどのカードを選択すれば起死回生の一手になるのか。
是非一緒に考えてみてください。

一部省略、意訳を含んでいますので、是非原文も見てみて下さい。


LSVのプレイングにようこそ!

今回も面白い選択について説明しよう。

スポンサーリンク

今回の状況

Bant-Whats-the-Play-e14351846078551
今、時を超えた探索をプレイしたところだ。
沢山の選択肢があるように見えるが、すぐにいくつかに絞ることができる。
既に土地はプレイしており、追加も不要なのでまず外れる。
次にサテュロスの道探しだが、これも弱いのでボトムに送ろう。

残された選択肢

disdainfulstroke end glareofheresy dromokascommand
まずドロモカの命令は確定だ。
軽蔑的な一撃は強力だが既に手札に1枚あるので、対立の終結と異端の輝きの2択になるだろう。
異端の輝きも既に手札にあるが、このターンにドロモカを除去るのが確定なので、2枚目とはみなさない。
またドロモカに対しては、軽蔑的な一撃よりも輝きの方が有効だ。

話を進めよう。
輝きを取るか、終結を取るかは残されたターンにどう行動したいか、によって変わってくる。
非常に微妙な選択だ。

どちらを選択したとしても、このターンにすることは確定している。

異端の輝きをドロモカに打ち、ドロモカの命令で棲み家の防御者を3/2にする(いま2/1なのはオジュタイの命令で戻したからだ)。
見えざるものの熟達をサクらせて、ブロックされない防御者でゼナゴスを攻撃する。

こうプレイすると、対戦相手の場には変異、2体のサテュロス、精霊龍の安息地があり、こちらには道探しとタップ状態の防御者という状況になる。

対立の終結を選択した場合

end
対立の終結が手札にあれば、2/2をチャンプブロックできるので、変異のアタック有無によって、ライフが4か6になるだろう。
変異が爪鳴らしの神秘家である場合(その可能性は高い)、表にしてアタルカをプレイする可能性がある。
そうなれば好都合で、4点受けて、返しに軽蔑的な一撃を構えたうえで、対立の終結を打つ。
そして対戦相手の手札に2枚の不明なカード、ということになる。
状況はかなり好転したといえるだろう。
安息地を温存されるとやっかいだが、氷固めと一撃があるので、何を戻しても対処できる。
但しドロモカに対する完璧な回答ではない。

異端の輝きを選択した場合

glareofheresy
輝きを選択した場合、チャンプブロックだけでは厳しいので、戦闘前にサテュロスに氷固めをする必要がある。
そして1対チャンプし、次のターン防御者でもう1対と相討ちする。
アタルカを戻した場合はカウンターし、ドロモカを戻した場合は輝きを打つ。
それでも2/2か神秘家が場に残るので、なにか回答を引かなければ負けてしまう。
この選択は、ドロモカに対処できる点が優れているが、それ以外は劣っていると考えている。

スポンサーリンク

私のプレイ

対立の終結とドロモカの命令を選択して探索を解決する。
命令で熟達とゼナゴスを対処しターンを返す。
ドラゴンをプレイさせ、カウンターを構えながら対立の終結をプレイする。
次のドロモカをプレイされた場合は厳しいが、それ以外は最も期待値が高いプレイングだといえるだろう。

前回と違い、今回は非常に苦しい状況だ。
しかし想定内でもっとも良い結果になっただろう。
大変だがここから巻き返すことは無理ではない。

LSV

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ