【大会結果】SCGオープン シカゴ ネルソンの赤緑等、TOP64のデッキテク・2日目メタゲームブレイクダウン他

chicago64

マジック・オリジン発売直後のSCGオープン シカゴは、赤緑信心のTUAN NGUYEN選手が優勝して幕を閉じました。
TOP8に3人送り込んだ赤緑信心には今後大きな期待がかかります。

TOP8のデッキリストは別記事で紹介しています。

公式カバレッジはこちら
TOP64デッキリストはこちら

スポンサーリンク

2日目メタゲームブレイクダウン

アブザンコントロールが最大勢力で、衰滅を採用しているデッキもそうでないデッキも混在しています。
2番手は赤緑信心でブラッド・ネルソン、トッド・アンダーソンもこのデッキを使用しています。
3番手としてアブザン大変異が続きます。

新しいアーキタイプである、赤単ゴブリンと白単信心の姿も見えます。

Abzan Control – 16
G/R Devotion – 10
Abzan Megamorph – 9
Mardu Dragons – 5
Jeskai Aggro – 3
G/B Dragons – 3
Mono-Red Aggro – 3
Mono-White Devotion – 2
Sultai Control – 2
Esper Dragons – 2
Mono-Red Goblins – 2
Abzan Aggro – 2
U/W Control – 1
G/B Constellation – 1
Abzan Reanimator – 1
Jeskai Tokens – 1
5-Color Rally – 1
Atarka Red – 1
Bant Heroic – 1
U/W Heroic – 1
Naya Dragons – 1
Grixis Dragons – 1
G/B Elves – 1
W/R Aggro – 1
G/R Dragons – 1
G/W Company – 1
R/U Aggro – 1
Big Red – 1
Atarka Goblins – 1

スポンサーリンク

デッキテク

5色先祖の結集コンボ

群れの結集や道探しで墓地を肥やし、墓地から帰ってきたナントゥーコの鞘虫とモーギスの匪賊でと止めを刺すデッキです。
《ヴリンの神童、ジェイス》はこのデッキにはうってつけです。


5-Color Rally by Matthew Tickal
3:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
3:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
2:《モーギスの匪賊/Mogis’s Marauder》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
3:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer》

2:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》
4:《群れの結集/Gather the Pack》

2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《開拓地の野営地/Frontier Bivouac》
4:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
3:《華やかな宮殿/Opulent Palace》
2:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
4:《前線の僧侶/Cleric of the Forward Order》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
3:《思考囲い/Thoughtseize》


ターボフォグ

《一日のやり直し》を使い倒したデッキです。
自分のターンに動かないターボフォグならではの使い方だといえるでしょう。
惜しくも2日目には残りませんでしたが今後の期待が期待されます。


Turbo Fog by James Newman
4:《森/Forest》
8:《島/Island》
4:《光輝の泉/Radiant Fountain》
4:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
4:《茨森の滝/Thornwood Falls》

2:《護法の宝珠/Orbs of Warding》
4:《クルフィックスの指図/Dictate of Kruphix》
4:《僧院の包囲/Monastery Siege》
4:《スフィンクスの後見/Sphinx’s Tutelage》
3:《霊気渦竜巻/AEtherspouts》
4:《拠点防衛/Defend the Hearth》
3:《否認/Negate》
4:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》
1:《アルハマレットの書庫/Alhammarret’s Archive》
4:《一日のやり直し/Day’s Undoing》
4:《宝船の巡航/Treasure Cruise》

サイドボード
1:《研磨時計/Grindclock》
3:《氷瀑の執政/Icefall Regent》
1:《真珠湖の古きもの/Pearl Lake Ancient》
1:《霊気渦竜巻/AEtherspouts》
2:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《解消/Dissolve》
1:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《テレパスの才能/Talent of the Telepath》


スポンサーリンク

TOP64デッキピックアップ

ブラッド・ネルソンやジェリー・トンプソン、ケント・ケッターら強豪は、今回も安定した成績を残しています。
その他、全く新しいアーキタイプも上位入賞を果たしています。


G/R Devotion by Brad Nelson
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
3:《起源のハイドラ/Genesis Hydra》
1:《女王スズメバチ/Hornet Queen》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
4:《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
3:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
4:《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》

2:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
3:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》

10:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
1:《岩だらけの高地/Rugged Highlands》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》

サイドボード
2:《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》
1:《ナイレアの信奉者/Nylea’s Disciple》
3:《失われた業の巫師/Shaman of Forgotten Ways》
2:《垂直落下/Plummet》
2:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
2:《焙り焼き/Roast》
2:《大地の断裂/Seismic Rupture》
※サイドボードが14枚です


Abzan Control by Samuel Bruning
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

3:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
1:《胆汁病/Bile Blight》
4:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《対立の終結/End Hostilities》
4:《思考囲い/Thoughtseize》

3:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
4:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《自然に帰れ/Back to Nature》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《強迫/Duress》
1:《対立の終結/End Hostilities》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《骨読み/Read the Bones》


G/B Dragons by Kent Ketter
3:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
3:《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
3:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《思考囲い/Thoughtseize》

3:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
4:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
1:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
2:《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《強迫/Duress》
2:《衰滅/Languish》
1:《ニッサの天啓/Nissa’s Revelation》


Jeskai Aggro by Gerry Thompson
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
2:《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
4:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

1:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《かき立てる炎/Stoke the Flames》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《乱撃斬/Wild Slash》

2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
2:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
3:《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
3:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《対立の終結/End Hostilities》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》


Mono-White Devotion by Dennis Bogdanov
4:《徴税の大天使/Archangel of Tithes》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon》
3:《風番いのロック/Wingmate Roc》
4:《族樹の精霊、アナフェンザ/Anafenza, Kin-Tree Spirit》
3:《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
4:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》

2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
2:《天界のほとばしり/Celestial Flare》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《ヘリオッドの槍/Spear of Heliod》

18:《平地/Plains》
2:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
4:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》

サイドボード
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
2:《払拭の光/Banishing Light》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
2:《アブザンの優位/Abzan Advantage》
2:《天界のほとばしり/Celestial Flare》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
1:《不動のアジャニ/Ajani Steadfast》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》


W/R Aggro by Ryan Hipp
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
3:《道の探求者/Seeker of the Way》
2:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》

2:《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》

4:《岩への繋ぎ止め/Chained to the Rocks》
3:《ヘリオッドの指図/Dictate of Heliod》
2:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《乱撃斬/Wild Slash》
1:《焙り焼き/Roast》

4:《山/Mountain》
7:《平地/Plains》
4:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
1:《風に削られた岩山/Wind-Scarred Crag》

サイドボード
1:《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix》
3:《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix》
1:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
1:《忘れられた運命/Fate Forgotten》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《火口の爪/Crater’s Claws》
2:《対立の終結/End Hostilities》
1:《焙り焼き/Roast》


こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ