【翻訳】LSVのプレイング ハンデスと摘出のコンビネーション・枚数を狙うか、実利を取るか by Luis Scott-Vargas

surgical-extraction-620x280

Channel Fireballより、恒例のLSVのプレイングガイドの記事です。

今回はレガシー編で、むかつきストームとミラクルコントロールの対戦です。
外科的摘出を構えながら、強迫をプレイした場面での選択肢です。
目先のアドバンテージに目が行きがちですが、長いスパンで考えるとベストな選択肢はどうなるのでしょう。
是非一緒に考えてみてください。

一部省略、意訳を含んでいますので、是非原文も見てみて下さい。


スポンサーリンク

今回の状況

強迫が解決され、対戦相手の手札が公開された:

whats-the-play
むかつきストーム対ミラクルで、現在2ゲーム目だ。
これがデッキリストで、突然の衰微と外科的摘出をサイドインした(このシチュエーションは面白いが、私の好きではないカードだ)。


Ad Nauseam Tendrils
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
1:《Volcanic Island》
1:《Bayou》

4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1:《炎の中の過去/Past in Flames》
2:《定業/Preordain》
4:《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
1:《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
4:《冥府の教示者/Infernal Tutor》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《思案/Ponder》
4:《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4:《強迫/Duress》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《むかつき/Ad Nauseam》
4:《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
1:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》

サイドボード
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1:《見栄え損ない/Disfigure》
1:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
3:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
1:《青霊破/Blue Elemental Blast》
2:《Karakas》
1:《虐殺/Massacre》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》


外科的摘出

スポンサーリンク

選択肢

1) 師範の占い独楽を落とし、対戦相手のドローステップに摘出する

師範の占い独楽
4枚目の独楽を引く可能性に賭けてドローステップまで待つ。
適当な青いスペルを引かれる可能性もあるが、その場合は相殺を残されるので衰微すればよい。
2枚の独楽の方が、Force of Willと相殺よりも強いので、間違いなくカウンタ―する(この状況での相殺は役に立たない)。

このプレイは、強迫と外科的摘出で、師範の占い独楽+Force of Will+相殺を処理する(そして何も追放されない)という結果になる。
私はこの選択は好きではない。
摘出で青いカード2枚と交換しているが、3枚目の独楽を落とすことに意味が無いからだ。

2) 相殺を落とし、FoWをケアして自分のターン中に摘出する

相殺
衰微がなければ良い選択だと思うが、唯一の対象でもある。

強迫で落としてからの摘出は2対1になるだけでなく、手札の衰微も腐るので良い選択ではない。

3) FoWを落とし摘出する

Force of Will
この場合も2枚目を引かれる可能性を考えて、メインフェイズに摘出する。

強迫と摘出を使って全てのFoWを取り除いたことになる。
繰り返しになるが、例え未来のドローをケアしたとしても、2対1を取られにいっている。
良い選択とは思えない。

4) FoWを落とし、相殺に衰微を打ってから摘出する

突然の衰微
この使い方が、全てのカードを最大限活用していると考えられる。

思案で緑マナを引き、対戦相手が追加のカウンターを引かないと仮定すると、強迫+摘出+衰微を使って、FoWと全ての相殺に対処したことになる。
これまでのどの選択肢よりも良さそうだ。

実を言うとどの選択肢も最高とは言えない。
外科的摘出のそもそもの能力に、役に立ちそうな場面でも、魅力を感じない。
結局のところカードを一枚使って、未来の可能性を潰しているだけだからだ。
より良いサイドボードがあると思うが、この状況で出来ることはやった。

すぐに勝てることが確実でない場合は、1対1であることを意識するべきだ。
なので4つ目の選択肢になる。

スポンサーリンク

私のプレイ

強迫でForce of Willをディスカードさせる。
突然の衰微を相殺用に構え、破壊後、外科的摘出で未来のドローをケアする。
もし追加の衰微を引いたなら、相殺ではなくFoWを摘出した方がよいだろう。
対戦相手は独楽を抱えながらも、相殺と揃うことは無いので、長い目でみてよいプランだと考える。
相殺の方がFoWよりも強く、追加を引かれた場合に、こちらも衰微を引けている可能性は低い。
プラン3でFoWを追放した方がゲームは単純になる。
私はそのプランは取らないが、プレイヤーの傾向がわかる選択だろう。

いつでも面白い状況を見つけたら送ってきてほしい!

こちらもおススメ!

LSVのプレイング ブラッド・ネルソンの命令、バントヒロイックの誘発テクニック
LSVのプレイング コラガンの命令と瞬唱の使い方・勝てるゲームを落とさないために

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ