【大会結果】世界選手権だけじゃない!SCGインビテーショナル ニュージャージーTOP8決定!

SCGNJTOP8

世界選手権の興奮も冷めやらぬ中、ニュージャージーではSCGインビテーショナルが開催されています。

純粋な構築ナンバーワンを決める大会として、スタンダード・レガシーそれぞれ8ラウンドの計16ラウンドでTOP8が決定しました。

各フォーマットのTOP8アーキタイプは以下の通りです。

スポンサーリンク

スタンダード

赤緑信心:3
青黒コントロール:1
赤単アグロ:1
赤黒ドラゴン:1
アブザンアグロ:1
ジェスカイアグロ:1

アブザンコントロールの活躍が目立った世界選手権とは違い、赤緑信心が際立っています。
限られた人数の大会と600人が参加する大会ではやはり結果が異なるようです。

スタンダードのTOP8デッキリスト7-1以上のリストも公開されています。

デッキテクとしてリード・デュークの青黒コントロールやトッド・アンダーソンのハイドラアブザン、ジム・デイビスのスゥルタイ探査などが紹介されています。


U/B Control by Reid Duke
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》

4:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》

3:《胆汁病/Bile Blight》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
4:《解消/Dissolve》
4:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
1:《ジェイスの創意/Jace’s Ingenuity》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《衰滅/Languish》
4:《思考囲い/Thoughtseize》

4:《島/Island》
3:《沼/Swamp》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
3:《華やかな宮殿/Opulent Palace》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《光輝の泉/Radiant Fountain》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
1:《護法の宝珠/Orbs of Warding》
1:《危険な櫃/Perilous Vault》
1:《無効/Annul》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《ファリカの療法/Pharika’s Cure》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
1:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《強迫/Duress》
1:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》


Abzan Hydra by Todd Anderson
3:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《マナ喰らいのハイドラ/Managorger Hydra》
2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《かき集める勇気/Gather Courage》
1:《神々の思し召し/Gods Willing》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
3:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
1:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
1:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《神々の思し召し/Gods Willing》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
1:《静寂の神殿/Temple of Silence》


Sultai Delve by Jim Davis
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
1:《奔流の精霊/Torrent Elemental》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

3:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《神々との融和/Commune with the Gods》
4:《群れの結集/Gather the Pack》
3:《衰滅/Languish》

3:《森/Forest》
1:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《華やかな宮殿/Opulent Palace》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
2:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《自然に帰れ/Back to Nature》
1:《闇の裏切り/Dark Betrayal》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《部族養い/Feed the Clan》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》
1:《エレボスの鞭/Whip of Erebos》
1:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
3:《思考囲い/Thoughtseize》


スポンサーリンク

レガシー

グリクシスデルバー:2
エスパーデスブレード:1
青赤デルバー:2
マーフォーク:1
スゥルタイデルバー:1
奇跡コントロール:1

こちらはデルバーが完全に勝ち組となっています。
潮流の先駆けの登場以降、マーフォークは入賞の機会が増えている様に感じます。

レガシーのTOP8デッキリスト7-1以上のリストも公開されています。

デッキテクとしてアンソニー・ローリーのMUDが紹介されています。


MUD by Anthony Lowry
1:《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
4:《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
4:《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
4:《金属細工師/Metalworker》
1:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1:《白金の帝像/Platinum Emperion》
1:《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》
2:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《厳かなモノリス/Grim Monolith》
1:《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1:《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》
1:《威圧の杖/Staff of Domination》
1:《ニンの杖/Staff of Nin》
4:《三なる宝球/Trinisphere》

4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《雲上の座/Cloudpost》
4:《微光地/Glimmerpost》
4:《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
2:《ヴェズーヴァ/Vesuva》

サイドボード
1:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
3:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1:《サーボの網/Tsabo’s Web》
2:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》
1:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
1:《全ては塵/All Is Dust》


スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ