【まとめ】荒野の確保は新エルズペス!・神童ジェイスをレガシーで使う・チャネルのドラフトビデオ

littlejace-988x576

遂にプロツアー『戦乱のゼンディカー』が始まります!
果たしてプロプレイヤー達はどのような新しいテクを見せてくれるのでしょうか。

今回は先週のSCGインビテーショナル予選で好成績を残したエスパーコントロールと、ヴリンの神童、ジェイスのレガシーでの可能性について探った記事をご紹介します。
そしてChannel Fireballメンバーによるドラフトビデオも。


スポンサーリンク

スタンダード

荒野の確保は新エルズペス!エスパーコントロール> by Jim Davis

SCGオープンの強豪ジム・デイビスによるエスパーコントロールの解説です。
はじける破滅が多い環境なのでドラゴンは使用せず、荒野の確保をフィニッシャーと使用しています。
ヴリンの神童、ジェイスとの相性も非常によく、かつてのエルズペスの様に、後半一気に巻き返すパワーを持っています。
また完全無視の追放能力も非常に強力です。


Esper Control by Jim Davis
5:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《窪み渓谷/Sunken Hollow》

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《意思の激突/Clash of Wills》
3:《完全無視/Complete Disregard》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《手酷い失敗/Horribly Awry》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《風への散乱/Scatter to the Winds》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《完全なる終わり/Utter End》
2:《次元の激高/Planar Outburst》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《僧院の導師/Monastery Mentor》
2:《払拭/Dispel》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
3:《強迫/Duress》

スポンサーリンク

レガシー

神童ジェイスをレガシーで使う> by Michael Majors

現在のトップメタである緑白大変異が流行するきっかけを作った、マイケル・メイジャーによるレガシーのデッキ案です。
いずれもヴリンの神童、ジェイスを活用したデッキとなっています。
果たしてジェイスの活躍はどこまで広がるのでしょうか。


Pox by Michael Majors
1:《島/Island》
3:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《Underground Sea》
4:《不毛の大地/Wasteland》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

2:《悪意の大梟/Baleful Strix》
1:《恐血鬼/Bloodghast》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《Hymn to Tourach》
3:《無垢の血/Innocent Blood》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《Sinkhole》
4:《小悪疫/Smallpox》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《発掘/Unearth》

サイドボード
2:《真髄の針/Pithing Needle》
3:《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
1:《Bayou》


Jace Fins by Michael Majors
2:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《Bayou》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《Underground Sea》

2:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《納墓/Entomb》
4:《Force of Will》
4:《御霊の復讐/Goryo’s Vengeance》
4:《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《無垢の血/Innocent Blood》
4:《思案/Ponder》
2:《思考囲い/Thoughtseize》

サイドボード
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《強迫/Duress》
2:《虐殺/Massacre》
3:《実物提示教育/Show and Tell》
1:《Tropical Island》

スポンサーリンク

リミテッド

#TeamCFB Pro Tour Testing – Battle for Zendikar Draft> by Luis Scott-Vargas

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ