【まとめ】セスがマルドゥデッキの完成形をデザイン・白日の復権・オーウェンのBUGデルバー他

ponder-730x280

先週は、SCGオープンの他に、TCG PLAYER.COM主催で$50000トーナメントが開催されました。
そこで世界チャンプ セス・マンフィールドが使用したマルドゥミッドレンジの他、Efroが注目する白日の下にを使ったデッキをご紹介します。
オーウェン一押しのBUGデルバーのレシピもあります。


スポンサーリンク

スタンダード

マルドゥは現在の最強デッキ!> by Seth Manfield

今は昔、ブラッド・ネルソンが原型となるデッキを作ってから、常にtier1.5辺りにいたマルドゥミッドレンジですが、セス・マンフィールドがtier1だと言い切るリストを完成させました。
墓地を活用したデッキが苦手だそうですが、それ以外は1対1を取られないカードで構成されており、特にミッドレンジには有利に戦えます。
ギデオンは、残忍な切断やオジュタイの命令を構えられることが多い環境で、最も信頼できるアタッカーです。
リプレイビデオもあります。


Mardu Midrange by Seth Manfield
Finished 17th – 32nd Place at 2015 TCGplayer.com $50k Championship
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《道の探求者/Seeker of the Way》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》

4:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《強迫/Duress》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《絹包み/Silkwrap》
1:《完全なる終わり/Utter End》
3:《乱撃斬/Wild Slash》

3:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《山/Mountain》
4:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《沼/Swamp》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix》
1:《焼き払い/Burn Away》
2:《強迫/Duress》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
1:《苦い真理/Painful Truths》
2:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》

5色白日4色白日ラリー> by Eric Froehlich

鮮烈デビューを果たした後、鳴りを潜めていた白日の下にですが、先週のSCGオープンで4位入賞を果たしました。
また1枚タッチした4色ラリーも結果を残しています。
Efroのオススメデッキです。


5c Bring to Light By Joe Lossett
4th Place at Standard Open
2:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

2:《払拭/Dispel》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《完全無視/Complete Disregard》
1:《はじける破滅/Crackling Doom》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《シルムガルの命令/Silumgar’s Command》
2:《完全なる終わり/Utter End》
3:《白日の下に/Bring to Light》
2:《衰滅/Languish》
3:《宝船の巡航/Treasure Cruise》

サイドボード
2:《否認/Negate》
4:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
3:《苦い真理/Painful Truths》
3:《光輝の炎/Radiant Flames》


Four-Color Rally By Matthew Tickal
26th Place at a Standard Open
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》

1:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
3:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer》

1:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《集合した中隊/Collected Company》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》
1:《白日の下に/Bring to Light》

サイドボード
3:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2:《フェリダーの仔/Felidar Cub》
1:《肉袋の匪賊/Fleshbag Marauder》
1:《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
1:《苦痛の公使/Minister of Pain》
3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
3:《強迫/Duress》
1:《払拭/Dispel》

スポンサーリンク

レガシー

オーウェンの今週のデッキ> by Owen Turtenwald

オーウェンは長いこと色々なバージョンのデルバーデッキを使っていましたが、現在のメタゲームではBUGが強いと考えているそうです。
原型はGPシアトルでトモハルさんが使用したレシピです。
hymnがディグが禁止された環境で強いのは先日の記事でも紹介した通りで、それがこのデッキを使う大きな理由です。
見栄え損ないは同型が増えていることを意識して、サイド後も含めて増量しています。

BUG Delver by Owen Turtenwald
2:《Bayou》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《不毛の大地/Wasteland》

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《闇の腹心/Dark Confidant》

4:《思案/Ponder》
2:《見栄え損ない/Disfigure》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《目くらまし/Daze》
4:《Hymn to Tourach》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《Force of Will》

サイドボード
3:《闇の腹心/Dark Confidant》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《見栄え損ない/Disfigure》
1:《無のロッド/Null Rod》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3:《水没/Submerge》

<Channel Mengucci – Legacy BUG Delver> by Andrea Mengucci

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ