【まとめ】LSVの『ゲートウォッチの誓い』全カードリミテッドレビュー!最後の3つをまとめて!

wandering-fumarole-689x280

LSVによる『ゲートウォッチの誓い』全カードリミテッドレビューですが、後半に3つをまとめて紹介します。
是非、プレリ2日目の前に参考にしてください。

スポンサーリンク

LSVの全カードレビュー:赤編> by Luis Scott-Vargas

まずは赤編からスタート。
トップレアはチャンドラとヴァラクートの暴君の2枚です。

ヴァラクートの暴君 炎呼び、チャンドラ

トップコモンはこちら

5. 《ゴブリンの自在駆け/Goblin Freerunner》

ゴブリンの自在駆け
4. 《ザダの猛士/Zada’s Commando》

ザダの猛士
3. 《現実の流出/Reality Hemorrhage》

現実の流出
2. 《コジレックの大口/Maw of Kozilek》

コジレックの大口
1. 《巨岩投下/Boulder Salvo》

巨岩投下

スポンサーリンク

LSVの全カードレビュー:緑編> by Luis Scott-Vargas

緑はトップレア(4.5)以上は特になし。。。
後ほども触れますが今回の緑はあまり強くないようです。

トップコモンはこちら

5. 《イトグモの蔦/Vines of the Recluse》

イトグモの蔦
4. 《鞍背ラガーク/Saddleback Lagac》

鞍背ラガーク
3. 《タジュールの道守/Tajuru Pathwarden》

タジュールの道守
2. 《網投げ蜘蛛/Netcaster Spider》

網投げ蜘蛛
1. 《末裔招き/Scion Summoner》

末裔招き

スポンサーリンク

LSVの全カードレビュー:無色・土地・多色編と総括> by Luis Scott-Vargas

最後となる無色・土地・多色編です。
まず無色マナについては以下の3点が前提条件だそうです。

無色

1.3~4枚の無色マナソースを集めることは現実的
2.5枚目以降は生け贄効果で何とかだが、無理な場合もある
3.無色のダブルシンボルや起動型能力の活用は難しい

《姿を欺くもの/Deceiver of Form》

姿を欺くもの
《終末を招くもの/Endbringer》

終末を招くもの
《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》

大いなる歪み、コジレック
《現実を砕くもの/Reality Smasher》

現実を砕くもの
《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

難題の予見者

以上を踏まえて高評価のカードは上記5枚。
それでも3.5点なのでそこまで高くはありません。
プレイの難しさも関係しています。

アーティファクトでは《面晶体の這行器/Hedron Crawler》が無色デッキで活躍します。

面晶体の這行器

土地

土地はどれも3.0点以上の評価で、《鏡の池/Mirrorpool》《オラン=リーフの廃墟/Ruins of Oran-Rief》が4.0です。

鏡の池 オラン=リーフの廃墟

多色

多色では下記3つが4.0で高評価です。

《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》

永代巡礼者、アイリ

《ベイロスの虚身/Baloth Null》

ベイロスの虚身

《野生生まれのミーナとデーン/Mina and Denn, Wildborn》

野生生まれのミーナとデーン

コモンTOP10

10. 《コジレックの大口/Maw of Kozilek》

コジレックの大口
9. 《ジュワー島の報復者/Jwar Isle Avenger》

ジュワー島の報復者
8. 《面晶体の這行器/Hedron Crawler》

面晶体の這行器
7. 《コジレックの組み換え/Kozilek’s Translator》

コジレックの組み換え
6. 《掃き飛ばし/Sweep Away》

掃き飛ばし
5. 《耕作ドローン/Cultivator Drone》

耕作ドローン
4. 《目潰しドローン/Blinding Drone》

目潰しドローン
3. 《巨岩投下/Boulder Salvo》

巨岩投下
2. 《孤立領域/Isolation Zone》

孤立領域
1. 《忘却の一撃/Oblivion Strike》

忘却の一撃
一部のカード評価が以前と変わっているのは、欠色カードの評価を上げたためだそうです。

アンコモンTOP10

10. 《鞭打ちドローン/Flayer Drone》

鞭打ちドローン
9. 《精神溶かし/Mindmelter》

精神溶かし
8. 《怒りの具象化/Embodiment of Fury》

怒りの具象化
7. 《救援隊長/Relief Captain》

救援隊長
6. 《虚空を継ぐもの/Void Grafter》

虚空を継ぐもの
5. 《水脈の乱動/Roiling Waters》

水脈の乱動
4. 《闇の掌握/Grasp of Darkness》

闇の掌握
3. 《反射魔道士/Reflector Mage》

反射魔道士
2. 《ベイロスの虚身/Baloth Null》

ベイロスの虚身
1. 《種子の守護者/Seed Guardian》

種子の守護者

結果として緑絡みのカードがトップになっていますが、色としては最弱という評価です。

色別ランキング

6. 緑
5. 白
4. 無色
3. 赤
2. 黒
1. 青

無色が入っているのは間違いではなく、1色としてカウントするべきだ、とのこと。
青が最強で無色との相性もよく、黒と赤は優良除去に恵まれています。

BEZ環境に比べるとシナジー重視ではないようですが、無色カードをいかに使いこなすかが楽しみな環境です。

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ