【大会結果】ゲートウォッチ環境1発目!強豪達のデッキ選択は!?SCGオープンより見どころをピックアップ!

SCG atlanta

『ゲートウォッチの誓い』発売翌日に開催されたSCGオープンアトランタが終了しました。
TOP32のデッキリストも公開されています。


スポンサーリンク

強豪プレイヤーのデッキ

優勝は新カードである無謀な奇襲隊を採用したアタルカレッドでした。
「新環境ではアグレッシブなデッキを使え」という鉄則を、まさしく体現した結果といえます。
そこまで注目度の高くなかった無謀な奇襲隊を使いこなした構築は素晴らしいの一言です。
サイドボードには長期戦に強いカードがタッチされています。

無謀な奇襲隊
Atarka Red by Korey McDuffie

1st Place
1:《森/Forest》
11:《山/Mountain》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
3:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》

4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
2:《強大化/Become Immense》
3:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《タイタンの力/Titan’s Strength》
4:《乱撃斬/Wild Slash》
4:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
3:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》

サイドボード
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
3:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
2:《苦い真理/Painful Truths》
4:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》

世界を壊すもの
しかし今大会の台風の目となったのは何と言っても世界を壊すものでしょう。
アドバンテージ確定の能力が強いだけでなく、コジレックの帰還とのシナジーが大活躍する場面は中継でも見られました。
最近ビッグマナマスターになりつつあるアリ・アイントラージはこの様なデッキを組み上げています。

G/R Eldrazi by Ali Aintrazi
16th Place
10:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
4:《荒地/Wastes》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》

4:《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》
3:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
4:《残された廃墟/Ruin in Their Wake》

サイドボード
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
1:《荒廃の双子/Desolation Twin》
1:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《虚空の選別者/Void Winnower》
2:《彼方より/From Beyond》
2:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《焙り焼き/Roast》

嵐追いの魔道士
もう1つの実は強かった枠は、嵐追いの魔道士でしょう。
青赤のキャントリップを活用した果敢アグロがTOP8に入賞しています。
このデッキレシピはSCGライターのロス・メリアムが発表していたものです。
本人も入賞こそしていないものの、40位でフィニッシュしています。

U/R Prowess by Dalton Ozmun
6th Place
2:《島/Island》
3:《山/Mountain》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

1:《払拭/Dispel》
2:《促進/Expedite》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
4:《タイタンの力/Titan’s Strength》
2:《焙り焼き/Roast》
4:《空間の擦り抜け/Slip Through Space》
4:《宝船の巡航/Treasure Cruise》

サイドボード
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《乱撃斬/Wild Slash》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《沸き立つ大地/Boiling Earth》
2:《強迫/Duress》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《焙り焼き/Roast》

ゲトの裏切り者、カリタス 炎呼び、チャンドラ
ジェリー・トンプソンが、いまいち評価が低かったチャンドラやカリタスを使ったダークジェスカイで4位入賞しているのも見逃せません。
『戦乱のゼンディカー』リリース時には白日の下にコントロールで強烈な印象を与えましたが、今回もしっかりと結果を残すのはさすがです。

Jeskai Black by Gerry Thompson
3rd Place
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

2:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》

1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》

4:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《強迫/Duress》
2:《マグマの洞察力/Magmatic Insight》
3:《苦い真理/Painful Truths》
2:《焙り焼き/Roast》
3:《宝船の巡航/Treasure Cruise》

サイドボード
2:《払拭/Dispel》
3:《否認/Negate》
1:《完全なる終わり/Utter End》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
3:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《焙り焼き/Roast》

反射魔道士 永代巡礼者、アイリ
現在のトップメタ筆頭である4色ラリーも反射魔道士や永代巡礼者、アイリという新しい武器を手に入れました。
マイケル・メイジャーによるレシピがこちらです。

Four-Color Rally by Michael Majors
13th Place
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

2:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
3:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
3:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
3:《反射魔道士/Reflector Mage》
3:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
2:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《払拭/Dispel》
2:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《強迫/Duress》

強力カードとして注目されているゴブリンの闇住まいは、マルドゥグリーンやダークジェスカイで採用されています。

ゴブリンの闇住まい
Mardu Green by Harlan Firer

19th Place
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

2:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》

2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《強迫/Duress》
3:《苦い真理/Painful Truths》
2:《焙り焼き/Roast》
1:《破滅の道/Ruinous Path》

サイドボード
3:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《完全なる終わり/Utter End》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《強迫/Duress》
3:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《焙り焼き/Roast》
2:《精神背信/Transgress the Mind》

スポンサーリンク

おまけ

惜しくも初日落ちしたトッド・アンダーソンですが、しっかりサイドイベントのモダンで優勝しています。
ティムールツインを使い続けていた彼ですが、デルバーに乗り換えることに成功した様です。
トロンやエルドラージに強い、マーフォークの活躍にも注目です。

Temur Delver by Todd Anderson
1st Place
1:《森/Forest》
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》

1:《四肢切断/Dismember》
1:《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
4:《差し戻し/Remand》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《思考掃き/Thought Scour》
3:《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
3:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《血清の幻視/Serum Visions》

サイドボード
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
3:《広がりゆく海/Spreading Seas》
2:《不忠の糸/Threads of Disloyalty》
3:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《払拭/Dispel》
2:《はらわた撃ち/Gut Shot》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ