【価格動向】今が買い時?ローテーション後も残るデッキ達と値上がるかもしれないカード:戦乱のゼンディカー・ゲートウォッチの誓い編

MTG-Battle-Zendikar-Logo

前回はローテーションで落ちるタルキール覇王譚と運命再編の主要カードと、値上がりそうなタルキール龍記伝とマジック・オリジンのカードについてみてきました。

今回はローテーションの影響を受けづらい既存アーキタイプと、値上がりそうなゼンディガーブロックのカードについて考えてみました。

スポンサーリンク

生き残るアーキタイプ

バントカンパニー

吹きさらしの荒野
マナ基盤は危うくなるものの、それ以外はほぼ影響がありません。
大変異コンボと集合した中隊の組み合わせは今後も見かけることになりそうです。

赤緑ランプ

精霊龍、ウギン
こちらもウギンという絶対的なフィニッシャーを失ってしまいましたが、それ以外のカードには影響ありません。
加速から世界を壊すものでも充分強力なので、引き続き活躍が見込まれます。

エルドラージビートダウン

幽霊火の刃
名前の通りゼンディカーブロック中心のデッキです。
早いタイプは幽霊火の刃の脱落が痛いので、ミッドレンジタイプにシフトするでしょう。

いずれにせよ『イニストラードを覆う影』次第ですが、環境最初期はこれらのアーキタイプを基にしたものが活躍するのではないでしょうか。

グリクシスコントロール

時を越えた探索
最近、少しずつ見かけるようになったコントロールデッキです。
主な落ちるカードは時を超えた探索とフェッチぐらいですが、それらが果たしていた役割はとても大きく。。
強力なドローカードに期待ですね。

スポンサーリンク

今後の注目カード

ゼンディカーの同盟者、ギデオン

gideonprice
戦乱のゼンディカー発売直後の爆上げから、値段も採用枚数もかなり落ち着きました。
しかしカードパワーは変わらず高いので、環境が弱体化した瞬間に活躍の場を広げるかもしれません。
アブザンチャームとはじける破滅が無くなったのもプラス要因です。

ウラモグ・世界を壊すもの

ulamogprice worldprice
前述の通り、ランプデッキはあまりローテーションの影響を受けないので、活躍の場を広げる可能性が高いと思われます。

難題の予見者・現実を砕くもの

thoughtnotprice realityprice
モダンでの大暴れっぷりはいうまでもありませんが、超多色環境が終わり、いよいよスタンダードでも活躍するのではないでしょうか。

各種バトルランド

cinderprice
これまではフェッチランドのおかげで2枚以上使うことはありませんでしたが、今後は2色デッキで4枚採用する可能性も考えられます。
そうなった場合は需要が増して値段も上昇すると思われます。

今回は以上です。
『イニストラードを覆う影』の続報に期待しましょう!

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ