【まとめ】ローテーション後はスタンもエルドラージ?白黒&青赤ビートダウン・禁止後のモダン環境の主役たち?他

vile-aggregate-684x280

『イニストラードを覆う影』のプレリ直後、4月4日に禁止改定が行われます。
モダンでエルドラージデッキに何かしらの調整が入るのは間違いないでしょう。
一方、スタンダードではフェッチランドのローテーション落ちにより多色環境が終了し、各種無色土地を活用したエルドラージデッキが隆盛することが予想されます。

今回は対照的な二つの環境の今後を占うデッキたちを紹介します。

スポンサーリンク

スタンダード

コンリーの白黒エルドラージ> by Conley Woods

変位エルドラージを主軸に据えたオルゾフカラーのデッキです。
変位エルドラージ

W/B Eldrazi
4:《静寂を担うもの/Bearer of Silence》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《復興の壁/Wall of Resurgence》
4:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
2:《停止の場/Suspension Field》
4:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《完全なる終わり/Utter End》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》

4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《廃集落/Corrupted Crossroads》
1:《崩壊する痕跡/Crumbling Vestige》
3:《平地/Plains》
4:《オラン=リーフの廃墟/Ruins of Oran-Rief》
1:《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《沼/Swamp》
2:《精霊龍の墓/Tomb of the Spirit Dragon》

サイドボード
3:《強迫/Duress》
3:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
2:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《歪める嘆き/Warping Wail》

荒地の絞殺者や復興の壁を使い回すシナジーも搭載しています。
このレシピからローテーション落ちするのは完全なる終わりと停止の場ぐらいです。

青赤エルドラージ> by Neal Oliver

最近の青単エルドラージの活躍は知っての通りですが、更に赤を足したデッキの紹介です。
不快な集合体

UR Eldrazi
3:《精霊龍の墓/Tomb of the Spirit Dragon》
4:《領事の鋳造所/Foundry of the Consuls》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
4:《廃集落/Corrupted Crossroads》
1:《急流の崖/Swiftwater Cliffs》
3:《島/Island》
3:《山/Mountain》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》

4:《次元潜入者/Dimensional Infiltrator》
4:《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《不快な集合体/Vile Aggregate》
3:《コジレックの伝令/Herald of Kozilek》
1:《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》

4:《幽霊火の刃/Ghostfire Blade》

サイドボード
4:《焙り焼き/Roast》
2:《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
1:《払拭/Dispel》
1:《急流の崖/Swiftwater Cliffs》

赤を足すメリットは不快な集合体です。
マナカーブに沿って展開できたときの爆発力は見逃せません。
サイドボードには、カリタス対策として焙り焼き、ランプ対策としてエルドラージの寸借者、ミッドレンジ対策としてウギンが採用されています。
メインボードからローテーション落ちするのは、幽霊火の刃と精霊龍の墓の2枚だけです。

Channel Pardee Time – Standard UR Prowess> by Sam Pardee

スポンサーリンク

モダン

エルドラージが禁止されることを見越して、新たなデッキの挑戦が始まっています。

Channel Reid – Modern Elves> by Reid Duke

Channel CalebD – Modern Goryo’s Vengeance Combo> by Caleb Durward

スポンサーリンク

リミテッド

Channel Jacob Wilson – Oath of the Gatewatch Sealed League> by Jacob Wilson

マジック・オンラインでシールド戦のリーグが開始され、密かに盛り上がりをみせています。

こちらもオススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ