【まとめ】赤黒吸血鬼の実力は?VSビデオでチェック!・オリヴィアカンパニー・LSVのドラフト評価他

avacyn-e1459030786467-730x280

いまはとにかく新しいアーキタイプが、どんどん出てきます。
その中でも毎回フィーチャーされるのが新オリヴィアです。
果たしたこのカードの実力はどれだけのものなのでしょうか!?

スポンサーリンク

スタンダード

Ross VS. Majors: U/B Reanimator VS. R/B Vampires> by ROSS MERRIAM & MICHAEL MAJORS

マイケル・メイジャーとロス・メリアムによるVSビデオです。
今回は赤黒マッドネス吸血鬼と、新しいアーキタイプである青黒昂揚リアニメイターの対決です。
比較的遅いデッキであるリアニメイトはビートダウンの本命である吸血鬼を裁くことができるのか!?

ゲラ流布の傑作

U/B Reanimator by Michael Majors
6:《島/Island》
7:《沼/Swamp》
4:《詰まった河口/Choked Estuary》
1:《溺墓の寺院/Drownyard Temple》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《窪み渓谷/Sunken Hollow》

2:《精神病棟の訪問者/Asylum Visitor》
2:《ゲラルフの傑作/Geralf’s Masterpiece》
4:《精神壊しの悪魔/Mindwrack Demon》
4:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

3:《死の重み/Dead Weight》
1:《屍体の攪拌/Corpse Churn》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
4:《ただの風/Just the Wind》
2:《餌食/To the Slaughter》
3:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
4:《屍術的召喚/Necromantic Summons》
1:《熟読/Pore Over the Pages》

サイドボード
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《否認/Negate》
1:《餌食/To the Slaughter》
2:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《知恵の拝借/Pick the Brain》
4:《よろめく帰還/Shamble Back》


B/R Vampires by Ross Merriam
8:《山/Mountain》
7:《沼/Swamp》
1:《燃え殻の痩せ地/Cinder Barrens》
4:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
4:《燻る湿地/Smoldering Marsh》

3:《精神病棟の訪問者/Asylum Visitor》
2:《神出鬼没な拷問者/Elusive Tormentor》
4:《ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger》
4:《ファルケンラスの後継者/Heir of Falkenrath》
4:《手に負えない若輩/Incorrigible Youths》
4:《貪欲な求血者/Ravenous Bloodseeker》
2:《マラキールの解放者、ドラーナ/Drana, Liberator of Malakir》
4:《戦争に向かう者、オリヴィア/Olivia, Mobilized for War》
2:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》

4:《癇しゃく/Fiery Temper》
2:《餌食/To the Slaughter》
1:《焙り焼き/Roast》

サイドボード
3:《死の重み/Dead Weight》
2:《悪意の調合/Sinister Concoction》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
3:《強迫/Duress》
1:《焙り焼き/Roast》

オリヴィアジャンドカンパニー> by Pascal Maynard

前環境のカンパニーといえばラリーとバントでしたが、ここではジャンドカラーでオリヴィアを使用しています。
ドラーナまで入れたかなり前のめりな構成です。
フェッチがなくなった環境で、3色ビートダウンのマナベースがどうあるべきなのか。
そちらにも注目です。

cyoubohei

Olivia Jund
4:《森/Forest》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《沼/Swamp》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
3:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
4:《獲物道/Game Trail》
4:《戦争に向かう者、オリヴィア/Olivia, Mobilized for War》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《精神病棟の訪問者/Asylum Visitor》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
3:《マラキールの解放者、ドラーナ/Drana, Liberator of Malakir》
2:《森の代言者/Sylvan Advocate》

4:《アーリン・コード/Arlinn Kord》

4:《集合した中隊/Collected Company》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》

スポンサーリンク

リミテッド

Shadows over Innistrad Limited Set Review – White> by Luis Scott-Vargas

LSVによる恒例のリミテッド全カードレビューです。
今回もTakuさんが翻訳してくれています。

<Channeal Oliver – PTQ Top 8 Draft> by Neal Oliver

なかなか珍しいPTQのTOP8ドラフトの実況です

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ