【まとめ】白黒ミッドレンジvs赤緑アグロ・抹消者ロック アップデート・LSVのリミテッドレビュー

ja_dtk_topbanner_mod

世の中プレリ真っ最中ですが、来る新スタン環境に向けて、BBD&CVMは調整を重ねています。
モダンも、殻に追いやられていた抹消者が再び活躍する可能性を持っています。
LSV恒例の全カードレビューは新環境の第一歩として是非参考にしてください。
プロツアー中継の予習としても最適です。


スポンサーリンク

スタンダード

BBD VS. CVM: B/W Midrange VS. G/R Aggro> by BRIAN BRAUN-DUIN & CHRIS VANMETER
新環境2回目のVSビデオです。
神話実現をフィーチャーした白黒ミッドレンジと赤緑ドラゴンデッキの対戦です。
究極の価格で嵐の息吹のドラゴン対策を増やした白黒と、雷破の執政で飛行戦略が強化された赤緑。
どちらも注目のデッキです。



B/W Midrange by Brian Braun-Duin
4:《僧院の導師/Monastery Mentor》
4:《道の探求者/Seeker of the Way》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
3:《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》

4:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

4:《神話実現/Myth Realized》
2:《胆汁病/Bile Blight》
4:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《骨読み/Read the Bones》
4:《思考囲い/Thoughtseize》

7:《平地/Plains》
5:《沼/Swamp》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《磨かれたやせ地/Scoured Barrens》
4:《静寂の神殿/Temple of Silence》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイド
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
2:《消去/Erase》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
3:《強迫/Duress》
2:《骨読み/Read the Bones》


G/R Aggro by Chris VanMeter
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix》
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4:《荒野の後継者/Heir of the Wilds》
4:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》
3:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
1:《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》

1:《乱撃斬/Wild Slash》
3:《火口の爪/Crater’s Claws》
4:《焙り焼き/Roast》

6:《森/Forest》
7:《山/Mountain》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《岩だらけの高地/Rugged Highlands》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイド
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《乱撃斬/Wild Slash》
1:《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
2:《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
3:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
2:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
1:《石弾の弾幕/Barrage of Boulders》


スポンサーリンク

?モダン

抹消者ロック アップデート> by ADRIAN SULLIVAN
出産の殻や宝船の巡航の禁止を受けて、クリーチャーが殴り合う機会が増えたモダン。
対処しづらいクリーチャーの代表格であるファイレクシアの抹消者を使用した緑黒ロックデッキのアップデート版です。
実際、先日のGPでも40位入賞したそうで、当時のレシピも本文中に掲載されています。
セテッサ式戦術とのコンボは特に強力です。
ここで紹介しているのは最新版のデッキリストです。
場合によっては闇の腹心を抜いて、タシグル2枚・漁る軟泥1枚・抹消者1枚にしてもようだろう、とのことです。


Obliterator Rock by Adrian Sullivan
4:《闇の腹心/Dark Confidant》
3:《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

1:《殴打頭蓋/Batterskull》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《化膿/Putrefy》
1:《セテッサ式戦術/Setessan Tactics》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
1:《夜の犠牲/Victim of Night》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
4:《思考囲い/Thoughtseize》

1:《森/Forest》
4:《沼/Swamp》
2:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《反射池/Reflecting Pool》
4:《樹上の村/Treetop Village》
4:《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイド
1:《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
1:《集団疾病/Illness in the Ranks》
1:《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《暗黒破/Darkblast》
2:《セテッサ式戦術/Setessan Tactics》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
1:《夜の犠牲/Victim of Night》
1:《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
1:《ナイレアの弓/Bow of Nylea》
2:《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》


スポンサーリンク

?リミテッド

LSVのタルキール龍紀伝リミテッドレビュー> by LUIS SCOTT-VARGAS
毎回恒例のLSVによるリミテッド視点での全カードレビューです。
トッププロはどのカードを評価しているのか。
今日、プレリに参加する人にも、これからの環境理解のためにも役に立つでしょう。

なお本記事はTakuさんが翻訳してくださっていますので、そちらも是非!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ