【まとめ】BBDの緑白ガイド・オーウェンのスゥルタイミッドレンジ・PT赤緑ランプ他

dragonlord-silumgar-699x280 (1)

今回は大本命のデッキのBBDによるプレイングガイド。
オーウェンの独創的なスゥルタイミッドレンジ。
MTG MINT CARDが使用した赤緑ランプを紹介します。
あらゆるデッキがありうる現環境の選択肢が更に広がります。

スポンサーリンク

スタンダード

緑白トークンデッキガイド> by Brian Braun-Duin

プロツアーから緑白トークンデッキを使い続けているBBDによる、緑白トークンデッキのプレイングガイドです。
主なメタデッキとのサイドプランも解説されています。

GW Tokens
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
8:《森/Forest》
7:《平地/Plains》

4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

3:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》

サイドボード
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《優雅な鷺、シガルダ/Sigarda, Heron’s Grace》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《隔離の場/Quarantine Field》
1:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《翼切り/Clip Wings》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》

リプレイビデオもあります。

2nd with Sultai Midrange in the MOCS> by Owen Turtenwald

先日開催されたMOチャンピオンシップでオーウェンが使用した、スゥルタイミッドレンジの解説です。
非常に個性的な構成で、見事2位に入賞しました。
特に活躍したカードは龍王シルムガルだったとのことです。
逆に弱かったのはギトラグの怪物だったとのこと。

dragonlordsilumgar

BGu Midrange
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《森/Forest》
1:《荒地/Wastes》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
1:《島/Island》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
3:《沼/Swamp》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》

3:《死天狗茸の栽培者/Deathcap Cultivator》
3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1:《失われた業の巫師/Shaman of Forgotten Ways》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2:《ギトラグの怪物/The Gitrog Monster》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》

3:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》

サイドボード
2:《強迫/Duress》
2:《死の重み/Dead Weight》
2:《静寂を担うもの/Bearer of Silence》
1:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《衰滅/Languish》
2:《翼切り/Clip Wings》
1:《帰化/Naturalize》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》

赤緑ランプデッキガイド> by Huang Hao Shan

MTG MINT CARDのメンバーを中心に構成された、今回のプロツアーのアジア調整チーム。
その中で使われた赤緑ランプデッキの解説です。
バントカンパニーを意識してチャンドラへ最速でたどり着く構成になっています。

Red-Green Ramp
4:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
8:《森/Forest》
4:《獲物道/Game Trail》
2:《山/Mountain》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
2:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
1:《荒地/Wastes》

2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
4:《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》

4:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》

4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

サイドボード
3:《引き裂く流弾/Rending Volley》
4:《焙り焼き/Roast》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》

スポンサーリンク

リミテッド

Channel Marshall – Shadows over Innistrad Draft #2> by Marshall Sutcliffe

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ