【まとめ】スタンダード環境のおさらい・現実を砕くものが強い!コンボレスエルドラージと赤白ナヒリエルドラージ他

reality-smasher-730x280

先週末はアメリカの二ヶ所でモダンGPが開催されるということもあり、海外記事もモダンがメインでした。
それも終了しスタンダードメインに戻ってきました。
GP東京以来スタンダードが落ち着いてしまった、という人も多いかもしれないので、是非現在の環境把握の役に立ててください。

スポンサーリンク

スタンダード

環境のおさらいと新たなトレンド> by CHRIS ANDERSEN

最近モダンをメインでプレイしていたというクリス・アンダーセンが、スタンダード環境をおさらいしています。
まずは環境のスタート地点となる緑白トークンを二つ。
どちらも強豪プレイヤーが使用しGPニューヨークでTOP8に入ったものです。
平和主義者を入れたアグロ寄りと、進化の飛躍を入れたコントロール寄りプランという違いがあります。

G/W Tokens by Michael Sigrist
5th Place at Grand Prix
8:《森/Forest》
7:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

1:《停滞の罠/Stasis Snare》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》

サイドボード
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
1:《絹包み/Silkwrap》
2:《翼切り/Clip Wings》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《天使の粛清/Angelic Purge》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》

悲劇的な傲慢

G/W Tokens by Michael Majors
4th Place at Grand Prix
9:《森/Forest》
7:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》

サイドボード
1:《議事会の自然主義者/Conclave Naturalists》
3:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《翼切り/Clip Wings》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《天使の粛清/Angelic Purge》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》

GP東京で準優勝した、メインからカリタス4のグリクシスコントロールも紹介されていますが、そんななか、コンボがメタられているならそもそもエルドラージだけで充分!、というデッキも現れています。
一見、儀式コンボに見えますが肝心のコンボパーツが入っておらず、優秀なアタッカーとして空中生成エルドラージと現実を砕くものがメインから採用されています。
特に黒では、除去する手段が非常に限られており、厄介な相手になります。

現実を砕くもの

Bant Eldrazi by Magnus Lantto
9th Place at Magic Online Championship
3:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《抵抗者の居住地/Holdout Settlement》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《壌土のドライアド/Loam Dryad》
3:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
1:《森の代言者/Sylvan Advocate》

4:《謎の石の儀式/Cryptolith Rite》
4:《集合した中隊/Collected Company》

サイドボード
1:《悟った苦行者/Enlightened Ascetic》
1:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
2:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《否認/Negate》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》

最後は天才デッキビルダー サム・ブラックの新作です。
PTでオーウェンが使用した緑黒コントロールに大オーロラを加えることで、さらに長期戦に強くなりました。

大オーロラ

G/B Great Aurora by Sam Black
8th Place at Magic Online Championship
8:《森/Forest》
5:《沼/Swamp》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《鏡の池/Mirrorpool》

1:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《ウルヴェンワルドのハイドラ/Ulvenwald Hydra》
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》

1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《餌食/To the Slaughter》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
3:《闇の誓願/Dark Petition》
1:《強迫/Duress》
3:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
1:《衰滅/Languish》
3:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
1:《ニッサの復興/Nissa’s Renewal》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
1:《過ぎ去った季節/Seasons Past》
1:《大オーロラ/The Great Aurora》
1:《精神背信/Transgress the Mind》

サイドボード
1:《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》
1:《死の重み/Dead Weight》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《餌食/To the Slaughter》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《闇の誓願/Dark Petition》
2:《強迫/Duress》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
3:《衰滅/Languish》
1:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《精神背信/Transgress the Mind》

赤白ナヒリエルドラージ> by Melissa DeTora

こちらもPTで三原さんが使っていた赤白ゴーグルのアップデート版です。
モダンのようにエムラクールを出すことはできませんが、ルーター&汎用除去として活躍します。
マッドネスも多めに採用されています。
このデッキの注目点も、やはりエルドラージがメインからフル投入されている点でしょう。

nahiri

W/R Control by Melissa DeTora
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

3:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》

4:《アヴァシンの裁き/Avacyn’s Judgment》
2:《巨人の陥落/Fall of the Titans》
4:《癇しゃく/Fiery Temper》
3:《稲妻の斧/Lightning Axe》
1:《マグマの洞察力/Magmatic Insight》
2:《紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer’s Goggles》
4:《苦しめる声/Tormenting Voice》

4:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
7:《山/Mountain》
4:《鋭い突端/Needle Spires》
1:《平地/Plains》
1:《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
1:《荒地/Wastes》

サイドボード
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
1:《平地/Plains》

Channel Reid – Standard Abzan Demonic Pact> by Reid Duke

スポンサーリンク

リミテッド

Channel LSV – Shadows over Innistrad Draft #2> by Luis Scott-Vargas

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ