【まとめ】世界各国のWMCQデッキリスト・青赤エルドラージデッキガイド他

nissa-voice-of-zendikar-730x280

WMCQも終わり現環境のスタンダードも最後の時期を迎えています。
今回はそのWMCQの結果と、最後だから明かせる強豪プレイヤー達のデッキテクをご紹介します。

スポンサーリンク

スタンダード

WMCQデッキリスト

公式サイトにWMCQのTOP8デッキリストが公開されています。

有名プレイヤーではアメリカのオーウェン(白黒コントロール)、カナダのジェイコブ・ウィルソン(緑白トークン)、フランスのジェレミー・デザーニ(バント人間)あたりでしょうか。
惜しくも優勝しなかった選手に

是非最後のビッグトーナメントの結果を確認してみてください。

OWEN TURTENWALD – 1ST PLACE
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》

4:《衰滅/Languish》
4:《骨読み/Read the Bones》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
3:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》

3:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
7:《沼/Swamp》
2:《平地/Plains》


JACOB WILSON – 1ST PLACE
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》

2:《石の宣告/Declaration in Stone》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1:《隔離の場/Quarantine Field》
8:《森/Forest》

7:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》


JEREMY DEZANI – 1ST PLACE
3:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
3:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》

3:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
5:《平地/Plains》
2:《森/Forest》
1:《荒地/Wastes》
1:《島/Island》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

サイドボード
4:《否認/Negate》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
1:《死者を冒涜するもの/Profaner of the Dead》

カウンター使いに朗報!青赤エルドラージデッキガイド> by Jim Davis

SCGの強豪プレイヤージム・デイヴィスが青赤エルドラージコントロールを紹介しています。
カウンターと軽量除去で序盤をやり過ごし、ウラモグを素出しする豪快なデッキです。
各デッキとの相性やサイドプランも掲載されています。

人間デッキ以外には良い戦いができるようです。

U/R Eldrazi Control by Jim Davis
59th Place at StarCityGames.com Standard Open on 6/18/2016
4:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
3:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》

4:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
4:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《溺墓での天啓/Epiphany at the Drownyard》
1:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《否認/Negate》
4:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
4:《虚空の粉砕/Void Shatter》

5:《島/Island》
4:《高地の湖/Highland Lake》
4:《魔道士輪の魔力網/Mage-Ring Network》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
2:《繁殖苗床/Spawning Bed》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》

サイドボード
2:《歪みの預言者/Prophet of Distortion》
3:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
1:《払拭/Dispel》
2:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《否認/Negate》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
2:《焙り焼き/Roast》

Channel Cheon – Standard UR Eldrazi Control> by Paul Cheon

スポンサーリンク

レガシー

Channel LSV – Legacy Gauntlet: Painter Stone> by Luis Scott-Vargas

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ