【まとめ】『異界月』の鍵は現出にあり!モダンレベルの強さ!?スタン新デッキ案他

Wharf-Infiltrator-Eldritch-Moon-MtG-Art-730x280

いよいよ『異界月』を使ったデッキ案が出てきました!
特に現出は、強力なクリーチャーのコストを簡単に踏み倒す能力として今後注目を集めそうです。
今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

スタンダード

現出が新環境の柱> by Michael Majors

異界月の新キーワード能力である現出。
マイケル・メイジャーはこれに非常に注目しているようです。
一つ一つの能力が非常に強力なだけでなく、ウギンの聖域やコジレックの帰還を誘発できることも見逃せません。
作り変えるものと相性が最高なのもいうまでもありません。

老いたる深海鬼 膨らんだ意識曲げ 州民を滅ぼすもの

五つのデッキが紹介されているので気になったものを二つほど。
残りは原文をご覧ください。

U/R Emerge
4:《面晶体の這行器/Hedron Crawler》
1:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
4:《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《宮殿の使い魔/Palace Familiar》
3:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3:《不憫なグリフ/Wretched Gryff》

3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
2:《非実体化/Unsubstantiate》

8:《島/Island》
2:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《廃集落/Corrupted Crossroads》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

スタンダード
1:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
2:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《波止場の潜入者/Wharf Infiltrator》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《否認/Negate》
1:《取り繕い/Turn Aside》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》


G/W Emerge
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《州民を滅ぼすもの/Decimator of the Provinces》
3:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

4:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《異界の進化/Eldritch Evolution》
2:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》

7:《森/Forest》
3:《平地/Plains》
1:《荒地/Wastes》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《廃集落/Corrupted Crossroads》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
2:《要塞化した村/Fortified Village》

Ross VS. Majors: G/R Tokens VS. B/G Aristocrats> by ROSS MERRIAM & MICHAEL MAJORS

現出と共に注目能力である合体をフィーチャーした赤緑トークンと、現出アリストクラッツの対戦ビデオです。

ハンウィアー守備隊 ハンウィアーの要塞

R/G Tokens
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《ハンウィアー守備隊/Hanweir Garrison》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《飛行機械技師/Thopter Engineer》
3:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《爪の群れのウルリッチ/Ulrich of the Krallenhorde》

3:《アーリン・コード/Arlinn Kord》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

4:《多勢/Outnumber》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
6:《森/Forest》
6:《山/Mountain》
4:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《獲物道/Game Trail》
3:《ハンウィアーの要塞/Hanweir Battlements》
2:《森林の地溝/Timber Gorge》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》

サイドボード
2:《エムラクールの福音者/Emrakul’s Evangel》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
3:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
1:《翼切り/Clip Wings》
2:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《溶岩の地割れ/Magmatic Chasm》


B/G Aristocrats
2:《膨れ鞘/Blisterpod》
4:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
3:《膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender》
3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
2:《エムラクールの福音者/Emrakul’s Evangel》
4:《壌土のドライアド/Loam Dryad》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》

2:《謎の石の儀式/Cryptolith Rite》
4:《集合した中隊/Collected Company》

8:《森/Forest》
6:《沼/Swamp》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》

サイドボード
2:《苦痛の公使/Minister of Pain》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《謎の石の儀式/Cryptolith Rite》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《精神背信/Transgress the Mind》

スポンサーリンク

モダン

異界月で強化されたモダンのデッキ達> by Michael Majors

現出が強いのはスタンダードだけではありません。
モダンには頑強や探査、親和など、現出と相性の良い能力を持ったクリーチャーが沢山います。
これらのマナ効率やアドバンテージカードと組み合わせることで、強力なエルドラージを早いターンにプレイすることができます。

matterreshaper

非常に多くのデッキ案が掲載されているので気になったものをピックアップして紹介します。
こちらも残りは原文をご覧ください。

Affinity
4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
4:《金属ガエル/Frogmite》
2:《メムナイト/Memnite》
1:《マイアの処罰者/Myr Enforcer》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
1:《州民を滅ぼすもの/Decimator of the Provinces》
3:《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》
3:《作り変えるもの/Matter Reshaper》

4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
4:《空僻地/Glimmervoid》
2:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》


G/B Delirium
2:《膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1:《叫び大口/Shriekmaw》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《スラーグ牙/Thragtusk》
2:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》

4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
4:《名も無き転置/Nameless Inversion》

3:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《荒地/Wastes》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

スポンサーリンク

レガシー

<Channel Reid – Legacy Elves> by Reid Duke

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ