【大会結果】プロツアー タルキール龍紀伝TOP8”以外”デッキリスト!セス、フローリッシュ、PV、三原さん、ウェスコー

PTTOP8

ベルギー ブリュッセルで開催されているプロツアー タルキール龍紀伝ですが、2日間の激闘の末TOP8に進出するプレイヤーが決定しました。


入賞した選手とデッキタイプは下記の通りです。
デッキリストプロフィールも公開されています。

・ONDREJ STRASKY – 緑t赤信心
・ADRIAN SULLIVAN – 青黒コントロール
・MARTIN DANG – 赤単アグロ
・JASON CHUNG – 赤緑ドラゴン
・SHOTA YASOOKA – 青黒コントロール
・MARCO CAMMILLUZZI – アブザンコントロール
・THOMAS HENDRIKS – 緑t赤信心


また各観戦記事下にデッキリストが追加されています。
特に注目度の高かったセス・マンフィールドのアブザンtアタルカ等、いち早く確認できます。

スポンサーリンク

ROUND 15: ONDREJ STRASKY (GREEN DEVOTION) VS. (13) SETH MANFIELD (ATARKA ABZAN)

ATARKA ABZAN by SETH MANFIELD
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
3:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1:《アンデッドの大臣、シディシ/Sidisi, Undead Vizier》

3:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》

2:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
1:《完全なる終わり/Utter End》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《エレボスの鞭/Whip of Erebos》

4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》

サイドボード
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《悪行の大悪鬼/Archfiend of Depravity》
2:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
1:《消去/Erase》
1:《高木の巨人/Arbor Colossus》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
1:《目覚めし処刑者/Risen Executioner》
1:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《命運の核心/Crux of Fate》

スポンサーリンク

ROUND 16: MARCO CAMMILLUZZI (ABZAN CONTROL) VS. ERIC FROEHLICH (JESKAI TOKENS)

JESKAI TOKENS by ERIC FROEHLICH
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》

3:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
4:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
4:《急報/Raise the Alarm》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
3:《乱撃斬/Wild Slash》
3:《予期/Anticipate》
4:《かき立てる炎/Stoke the Flames》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》

3:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
3:《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
4:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
2:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
2:《島/Island》
2:《平地/Plains》
1:《山/Mountain》

サイドボード
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《卓絶のナーセット/Narset Transcendent》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《対立の終結/End Hostilities》
1:《否認/Negate》

スポンサーリンク

ROUND 12: PAULO VITOR DAMO DA ROSA (BLUE-BLACK CONTROL) VS. MAKIHITO MIHARA (BLACK-GREEN CONSTELLATION)

BLUE-BLACK CONTROL by PAULO VITOR DAMO DA ROSA
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
2:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》

1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

2:《命運の核心/Crux of Fate》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
3:《予期/Anticipate》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
2:《解消/Dissolve》
2:《胆汁病/Bile Blight》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》

4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3:《島/Island》
2:《沼/Swamp》

サイドボード
1:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
2:《胆汁病/Bile Blight》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《否認/Negate》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》


GREEN DEVOTION by MAKIHITO MIHARA
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
3:《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
3:《開花の幻霊/Eidolon of Blossoms》
4:《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
4:《破滅喚起の巨人/Doomwake Giant》
4:《女王スズメバチ/Hornet Queen》

4:《書かれざるものの視認/See the Unwritten》
2:《エレボスの鞭/Whip of Erebos》

4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
6:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》

サイドボード
1:《エレボスの鞭/Whip of Erebos》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《苦悶の神、ファリカ/Pharika, God of Affliction》
2:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《ナイレアの信奉者/Nylea’s Disciple》
3:《高木の巨人/Arbor Colossus》
3:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》


ROUND 7: BEN FRIEDMAN (ABZAN CONTROL) VS. CRAIG WESCOE (OJUTAI BANT)

OJUTAI BANT by CRAIG WESCOE
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
3:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》

3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》

3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
4:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
1:《島/Island》
2:《平地/Plains》
4:《森/Forest》

サイドボード
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《否認/Negate》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《垂直落下/Plummet》
2:《スズメバチの巣/Hornet Nest》
3:《氷固め/Encase in Ice》

おまけ

ブラジルの強豪ウィリー・エデルがTwitterで自身のデッキリストと解説をアップしていました。
CCWBnR0VEAAePtY

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ