【まとめ】ジュザの赤緑信心ガイド・青単ドラゴン調整録・世界のRPTQ参加者数・エスパー導師ブレイド

dragonlord-atarka-700x280

先週末、RPTQが世界中で開催されました。
アメリカでは非常に独創的な青単ドラゴンコントロールが鮮烈デビューを飾ったようです。
その他、世界各地の参加人数も公開になっています。


スポンサーリンク

スタンダード

赤緑信心プレイングガイド> by Martin Juza

プロツアーで活躍した赤緑信心についてのマーティン・ジュザによる解説。
今回このデッキを選択しなかったのは最大のミスだった、と述懐しています。
サイドボードプランの詳細な解説もあり。
現在はエスパーが多いので有利ではないが、メタが変わり次第活躍するだろう、とのこと。


Ondrej Strasky, 3rd place
2:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
4:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
2:《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
4:《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》

4:《書かれざるものの視認/See the Unwritten》

3:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
10:《森/Forest》
1:《山/Mountain》

サイドボード
4:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
3:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
3:《高木の巨人/Arbor Colossus》
4:《ナイレアの信奉者/Nylea’s Disciple》
1:《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》


氷に固めろ!青単ドラゴン調整録> by Michael Flores

先日のRPTQで鮮烈な勝利を飾った青単ドラゴンデッキ。
制作者マイケル・フローレス自身による調整録と突破レポートです。


Monoblue Dragon Control by Michael Flores
1:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
3:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《氷瀑の執政/Icefall Regent》

1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

2:《予期/Anticipate》
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《解消/Dissolve》
1:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
2:《氷固め/Encase in Ice》
2:《無効化/Nullify》
2:《危険な櫃/Perilous Vault》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
1:《航海の終わり/Voyage’s End》

4:《精霊龍のるつぼ/Crucible of the Spirit Dragon》
4:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
5:《島/Island》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
4:《神秘の神殿/Temple of Mystery》

サイドボード
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
1:《氷固め/Encase in Ice》
4:《波使い/Master of Waves》
1:《否認/Negate》
4:《前兆語り/Omenspeaker》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》


世界のRPTQ参加人数

公式の記事で世界各地のRPTQ参加人数が公表されています。
東京とローマが唯一128人越えで、次点がアメリカの112人でした。
招待者の参加率は90%を超えていたようです。
フィードバックは下記メールアドレスまで、とのことです。
ptqfeedback@wizards.com

スポンサーリンク

レガシー

エスパー導師ブレイド> by Adam Barnello

アダム・バーネロによるレガシー エスパー導師ブレイドの紹介です。
GP京都の僧院の導師入り奇跡コントロールに着想を得たとのこと。


Jeskai Stone-Blade by Adam Barnello
4:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》

1:《殴打頭蓋/Batterskull》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3:《相殺/Counterbalance》
3:《目くらまし/Daze》
2:《時を越えた探索/Dig Through Time》
4:《Force of Will》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《思案/Ponder》
3:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》

4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《島/Island》
1:《平地/Plains》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《Tundra》
2:《Underground Sea》

サイドボード
1:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
3:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1:《名誉回復/Vindicate》
1:《盲信的迫害/Zealous Persecution》


『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ