【まとめ】SCGインビテーショナル(スタン&モダン)TOP8デッキリスト・モダンのトップメタ相性リスト・デュークのジャンドリプレイ

SCGTOP8modern

先週モダンマスターズGPが終了したばかりですが、これからPPTQでのモダンシーズンが開幕します。
今回は環境のおさらいと、最新の大規模な大会であるSCGインビテーショナルの結果速報です。


スポンサーリンク

スタンダード・モダン

SCGインビテーショナル TOP8決定

今回のSCGインビテーショナル及びオープンシリーズは、PPTQに合わせてモダンをフィーチャーしています。
決勝トーナメントは日本時間6/7(日)深夜にモダンで開催されます。
併催トーナメントの結果もお見逃しなく。

モダンのデッキ分布は以下の通り
アミュレットブルーム 2
ジャンド 1
赤緑トロン 2
アブザンカンパニー 1
グリクシス双子 1
マーフォーク 1

スタンダードのTOP8デッキの他、各成績優秀者のリストも掲載されています。
スタン6-1-1以上
モダン7-1以上


Amulet Bloom by Chris VanMeter
4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
2:《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
1:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》

4:《精力の護符/Amulet of Vigor》
3:《集団意識/Hive Mind》
2:《否定の契約/Pact of Negation》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
4:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《花盛りの夏/Summer Bloom》

1:《森/Forest》
1:《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1:《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》
3:《グルールの芝地/Gruul Turf》
1:《カルニの庭/Khalni Garden》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《光輝の泉/Radiant Fountain》
1:《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》
4:《シミックの成長室/Simic Growth Chamber》
1:《処刑者の要塞/Slayers’ Stronghold》
1:《軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion》
1:《氷の橋、天戸/Tendo Ice Bridge》
3:《トレイリア西部/Tolaria West》
1:《ヴェズーヴァ/Vesuva》

サイドボード
1:《虚空の杯/Chalice of the Void》
1:《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《女王スズメバチ/Hornet Queen》
3:《スラーグ牙/Thragtusk》
3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2:《原基の印章/Seal of Primordium》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》


Amulet Bloom by Tariq Patel
4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
2:《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》

4:《精力の護符/Amulet of Vigor》
3:《集団意識/Hive Mind》
2:《否定の契約/Pact of Negation》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
4:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《花盛りの夏/Summer Bloom》

1:《森/Forest》
1:《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1:《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》
3:《グルールの芝地/Gruul Turf》
1:《カルニの庭/Khalni Garden》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《光輝の泉/Radiant Fountain》
1:《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》
4:《シミックの成長室/Simic Growth Chamber》
1:《処刑者の要塞/Slayers’ Stronghold》
1:《軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion》
1:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
1:《氷の橋、天戸/Tendo Ice Bridge》
3:《トレイリア西部/Tolaria West》
1:《ヴェズーヴァ/Vesuva》

サイドボード
4:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1:《女王スズメバチ/Hornet Queen》
2:《スラーグ牙/Thragtusk》
3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》


Jund by Josh Ravitz
4:《闇の腹心/Dark Confidant》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

1:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《終止/Terminate》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3:《思考囲い/Thoughtseize》

1:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
2:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren》
1:《強迫/Duress》
2:《粉砕の嵐/Shatterstorm》


G/R Tron by Christopher O’Bryant
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》
3:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
4:《忘却石/Oblivion Stone》
3:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
3:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》

2:《森/Forest》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
1:《ウギンの目/Eye of Ugin》

サイドボード
1:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》
1:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
3:《部族養い/Feed the Clan》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
4:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《紅蓮地獄/Pyroclasm》


Abzan Company by JB Milo
1:《呪文滑り/Spellskite》
4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》
1:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1:《残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap》
2:《貴族の教主/Noble Hierarch》
1:《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《修復の天使/Restoration Angel》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2:《臓物の予見者/Viscera Seer》
2:《復活の声/Voice of Resurgence》
1:《根の壁/Wall of Roots》
2:《族樹の精霊、アナフェンザ/Anafenza, Kin-Tree Spirit》
1:《シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast》

2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《集合した中隊/Collected Company》
1:《流刑への道/Path to Exile》

2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
2:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
3:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

サイドボード
1:《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1:《大物狙い/Big Game Hunter》
1:《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》
2:《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《罪の収集者/Sin Collector》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
3:《思考囲い/Thoughtseize》


Grixis Twin by Kyle Boggemes
4:《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
2:《やっかい児/Pestermite》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

4:《欠片の双子/Splinter Twin》
1:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《差し戻し/Remand》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
2:《終止/Terminate》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《血清の幻視/Serum Visions》

4:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
2:《湿った墓/Watery Grave》

サイドボード
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《払拭/Dispel》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》


G/R Tron by Ali Aintrazi
1:《呪文滑り/Spellskite》
3:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
3:《忘却石/Oblivion Stone》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》

1:《森/Forest》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
1:《ウギンの目/Eye of Ugin》

サイドボード
2:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《スラーグ牙/Thragtusk》
2:《沸騰/Boil》
4:《自然の要求/Nature’s Claim》
3:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》


Merfolk by Richard Adams
4:《呪い捕らえ/Cursecatcher》
4:《アトランティスの王/Lord of Atlantis》
4:《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident》
4:《波使い/Master of Waves》
4:《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》
1:《幻影の像/Phantasmal Image》
4:《銀エラの達人/Silvergill Adept》

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
2:《僧院の包囲/Monastery Siege》
4:《広がりゆく海/Spreading Seas》
3:《四肢切断/Dismember》
2:《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》

15:《島/Island》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《変わり谷/Mutavault》

サイドボード
2:《呪文滑り/Spellskite》
3:《潮縛りの魔道士/Tidebinder Mage》
1:《僧院の包囲/Monastery Siege》
2:《海の要求/Sea’s Claim》
2:《払拭/Dispel》
1:《冬眠/Hibernation》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《白鳥の歌/Swan Song》
2:《統一された意思/Unified Will》


スポンサーリンク

モダン

モダンのトップメタ相性リスト> by Frank Karsten

フランク・カーステンがMOでの結果を基に、各主要アーキタイプの勝率と相性を統計的に分析しています。
この結果をみるとバーンとグリクシスデルバーが最も勝率の良いデッキとなっています。

勝率リスト
Screen-Shot-2015-06-01-at-4.33.55-PM

相性リスト
Screen-Shot-2015-06-01-at-4.38.17-PM

Channel Reid – Modern Jund #2> by Reid Duke


スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ