【翻訳】セス・マンフィールドが考える『ゲートウォッチの誓い』トップ10カード(後編) by Seth Manfield

Nissa, Voice of Zendikar

TCGPlayer.comより、セス・マンフィールドによる『ゲートウォッチの誓い』のカード評価の記事です。
前編に引き続き、今回は後編としてトップ5のカードを紹介します。
この記事はフルスポイラー公開前に書かれたので、最近発表になったカードは含まれていない可能性があるので、その点はご注意を。

一部省略、意訳を含んでいますので、是非原文も見てみて下さい。


スポンサーリンク

5) 《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》

コジレックの帰還

オマケ付き紅蓮地獄の登場だ。
全てのクリーチャーにダメージを与えるために3マナになっている。
スタンダードに限ると、3点飛ばせる光輝の炎の方が強い可能性がある。
しかし全体5点として使いまわせる可能性は見逃せない。
エルドラージランプは既に一定の成果を上げており、序盤の守りとしても、エルドラージをプレイした時の決め手としても使えるだろう。
このカードの特筆すべき点は、手札に帰ってくるわけではなく、巨大エルドラージをプレイすると即座に発動する点にある。

スポンサーリンク

4) 《反射魔道士/Reflector Mage》

反射魔道士

反射魔道士はアンコモンだが、カードパワーはそれ以上だ。
3マナのマルチカラーサイクルでも頭一つ抜けている。
3マナの大クラゲがスタンダードで強いのは証明済みだし、最近のセットに再録されない理由でもある。
3マナのバウンスはマナカーブ的にもキレイだし、《分離主義者の虚空魔道士》と比較すると歴然だ。
2色のマナが必要だといっても、明らかにパワーレベルで上回っている。

単純にバウンスするだけでなく、追加能力も非常に重要だ。
クリーチャーをバウンスしたときは、次のターンに再度プレイされるのが通常だ。
しかし反射魔道士は、その流れを断ち切ってくれる。
パワーレベルは充分なので、あとはこのカードが活用できるテンポデッキを構築するだけだ。

スポンサーリンク

3) 《ジェイスの誓い/Oath of Jace》

ジェイスの誓い

ジェイスの誓いは、戦場に出たときに効果を誘発し、プレインズウォーカーがいると追加効果を得られる、誓いサイクルの1枚だ。
どれも伝説なので4枚はデッキに入らないだろう。
ジェイスの誓いは戦場に出たときの能力が強力なので、プレインズウォーカーの有無にかかわらず使う価値がある。
3枚ドローで2枚ディスカードは、3マナのスペルとしては充分な能力だ。

まずリアニメイト戦略で、墓地を肥やすために使う方法が思いつくだろう。
2枚ディスカードがデメリットではなくなる。
探査とも相性が良く、宝船の巡航や、時を超えた探索がプレイしやすくなる。
ヴリンの神童、ジェイスを、除去される前に反転させるサポートにもなるし、最速4ターン目から占術能力を誘発させられる。
単純なアド源としても、コンボパーツとしても使うことができるだろう。

2) 《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》

海門の残骸

デッキの中心に据えられるぐらい強力なカードだ。
海門の残骸は、まずバーンで使われることが想像できるし、コントロールデッキが長引いたときでもよいだろう。
このカードを使い倒すためには、軽めのスペル中心に組んで、すぐに手札を使いきれるようにする。
それは同時に長期戦でも強くなることを意味している。

海門の残骸の起動は必然的にゲーム後半になるので、そこで引いてくるスペルも、序盤にも後半にも活躍するものでなければならない。
かつてのLibrary of Alexandriaの対極的なカードだ。
もちろんLibrary of Alexandriaに匹敵するようなカードではないが。
海門の残骸はとても強力な能力を持っているが、決して壊れてはいない。
まず起動に3マナ必要で、無色マナという制限もある。
後半に3マナ払うのは簡単だが、そもそも起動できない可能性もある。

もう一点の懸念はマナフラッドだ。
土地は2枚以上プレイできないので、手札にたまってしまう可能性がある。
溶鉄の渦の様な解決策があれば簡単に手札を空にできるし、まさしく海門の残骸を中心にしたデッキといえるだろう。
手札からすぐにプレイできるカードを使うことが重要だ。
たとえば除去やカウンターは、適切な対象がなければプレイできないので、対戦相手と噛み合う必要がある。
海門の残骸を使ったデッキは、これらをうまく解決したものになるだろう。

1) 《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》

ゴブリンの闇住まい

墓地から直接プレイできる点がコジレックの帰還と似ている。
ゴブリンの闇住まいは5マナクリーチャー単体として充分なだけでなく、3マナ以下のインスタントかソーサリーを使いまわして2対1をとることができる。
ほとんどの場合は除去になるだろうし、キャントリップやその他のドロースペルの可能性もある。
除去が噛み合えば叫び大口になるし、それ以上かもしれない。
例えばコラガンの命令と合わさると大変なことになる。
個人的には、これほどの可能性を持ったカードなのに、あまり注目されていないことに驚きを隠せない。

ゲートウォッチの誓いのカードが公開されたばかりで、このリストを作るのは難しい作業だった。
しかし既に述べたように、強力なカードが本当に多いので、ゲートウォッチの誓いはスタンダードに大きなインパクトを与えると考えている。

読んでくれてありがとう!

Seth Manfield

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ