【まとめ】大物プレイヤーがチャネルに移籍?!最新型マルドゥ・OGW対応エスパーコン・グリショールブランド プレイングガイド他

Griselbrand_promo-e1453956293608

『ゲートウォッチの誓い』が発売されて1週間が経過しました。
はじめてのSCGオープンはアタルカレッドの優勝でしたが、今週は果たしてどうなるのでしょうか?
結果を受けてトッププレイヤーが最新型のデッキリストを紹介しています。
また来週に迫ったプロツアーに向けて、モダンへの関心も高まります。

スポンサーリンク

スタンダード

BBD電撃移籍!マルドゥ―マルドゥ> by Brian Braun-Duin

SCGの看板ライターBBDがChannel Fireballに移籍しました!
名物シリーズ「BBD vs. CVM」がみられなくなるのは残念ですが、今後も役立つ記事を届けてくれるでしょう。

今回はゴブリンの闇住まいに注目してデッキを構築しています。
既存のデッキで使用すると、ダークジェスカイとマルドゥが想定されますが、ジェスカイは軽いスペルを多用するので、それよりもどっしり構えたマルドゥの方が合っているだろうとのこと。

ゴブリンの闇住まい
まずは前環境からあった、緑を足したマルドゥ―グリーンの改良版です。

Mardu Green
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
1:《山/Mountain》
1:《森/Forest》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》

4:《包囲サイ/Siege Rhino》
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
3:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》

3:《苦い真理/Painful Truths》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《焙り焼き/Roast》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《強迫/Duress》

サイドボード
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
3:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《焙り焼き/Roast》
1:《完全なる終わり/Utter End》
1:《強迫/Duress》

サイドボードの保護者、リンヴァーラによって、更にミッドレンジ対決が有利になります。

保護者、リンヴァーラ
もう一つは、エルドラージを使用したバージョンです。
4色目をタッチしていないのでデッキ名はマルドゥ―マルドゥ。

難題の予見者はアドバンテージを稼ぎにいくマルドゥの戦略にマッチしていますし、変位エルドラージは魂火の大導師と同様に、序盤も後半も活躍する軽いクリーチャーです。
炎呼び、チャンドラもゲームを速やかに終わらせてくれます。

難題の予見者 変位エルドラージ
Mardu Mardu

2:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《平地/Plains》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
3:《鋭い突端/Needle Spires》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《未知の岸/Unknown Shores》

4:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
2:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》

1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》

2:《強迫/Duress》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《焙り焼き/Roast》
3:《骨読み/Read the Bones》

サイドボード
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
3:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《光輝の炎/Radiant Flames》

エスパードラゴン アップデート> by SHAHEEN SOORANI

エスパードラゴンを使い続けているシャヒーン・スーラニによる『ゲートウォッチの誓い』対応版デッキレシピです。
新カードとしては、優秀除去である闇の掌握を採用しています。
ランプデッキの世界を壊すものが現状の苦手カードであり、対策として無限の抹消をサイドボードに取っています。

闇の掌握
Esper Dragons

4:《島/Island》
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
3:《窪み渓谷/Sunken Hollow》

4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》

4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
1:《風への散乱/Scatter to the Winds》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
2:《完全なる終わり/Utter End》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
2:《強迫/Duress》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《破滅の道/Ruinous Path》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《払拭/Dispel》
1:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1:《否認/Negate》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
3:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》

スポンサーリンク

モダン

グリショールブランド マッチアップガイド> by Bob Huang

ボブ・ホワンによるグリショールブランドのプレイングガイドです。
環境のトップメタ各種に対する相性と、サイドプランを詳細に説明しています。
プロツアーでどれだけ活躍するか楽しみなデッキです。

Grishoalbrand
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《山/Mountain》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《湿った墓/Watery Grave》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》

4:《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
2:《怒れる腹音鳴らし/Borborygmos Enraged》
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》

4:《滋養の群れ/Nourishing Shoal》
4:《御霊の復讐/Goryo’s Vengeance》
4:《裂け目の突破/Through the Breach》
2:《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
3:《夜の囁き/Night’s Whisper》
2:《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
1:《魔力変/Manamorphose》

サイドボード
1:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2:《否定の契約/Pact of Negation》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2:《苦い真理/Painful Truths》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《残響する真実/Echoing Truth》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》

Channel Mengucci – Modern Zoo> by Andrea Mengucci

先週のSCGで活躍したモダンズー(ナヤブリッツ)のアンドレア・メングッチによるリプレイビデオです。

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ