【まとめ】同型メタのマルドゥグリーン・新プロジェクトX・セスのモダンエルドラージ他

Goblin-Dark-Dwellers-art-600x280

いよいよプロツアー『ゲートウォッチの誓い』が始まります!
今回はセス・マンフィールドによるプロツアーの仮想敵一覧と最新版エルドラージデッキを紹介します。

またこの週末スタンダードのPPTQも各地で開催されます。
一流プレイヤーによるデッキガイドも参考にしてください。

スポンサーリンク

スタンダード

同型メタのマルドゥグリーン> by Ali Aintrazi

先週のSCGオープンでマルドゥグリーンを使用したというアリ・アイントラージ。
結果はTOP64で同型が予想以上にいたのが想定外だった、とのことです。

その時に使用したリストがこちら

Mardu Green
4:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》

2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《強迫/Duress》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《骨読み/Read the Bones》
2:《焙り焼き/Roast》

4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
1:《平地/Plains》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《沼/Swamp》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
1:《闇の誓願/Dark Petition》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《焙り焼き/Roast》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》

同型に弱いハンデスを抜いて調整した結果がこちら
サイドボードは調整中のため14枚です。

炎呼び、チャンドラ ムラーサの胎動
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》

1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》

3:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
2:《骨読み/Read the Bones》
2:《焙り焼き/Roast》

4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
1:《平地/Plains》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《沼/Swamp》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《闇の誓願/Dark Petition》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《強迫/Duress》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》

ムラーサが特徴的ですが、ペイライフが多く、回収したいクリーチャーが多いこのデッキならではの選択といえるでしょう。

新プロジェクトX> by Melissa DeTora

かつてプロジェクトXと呼ばれたコンボデッキがありました。
アブザカラーのアグロでもあり、無限コンボも含んだ、メリーラコンボの様なデッキです。
メリッサ・デ・トラが現代に甦らせました。

Project X 2016
3:《血統の観察者/Brood Monitor》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《絹包み/Silkwrap》
4:《精神背信/Transgress the Mind》

2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《森/Forest》
2:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《平地/Plains》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

変位エルドラージ 血統の観察者 ズーラポートの殺し屋
変位エルドラージの無限ブリンクコンボを含んだビートダウンです。
ニッサトークンをリープで食べることで、アタッカーを切らさずに展開することができます。

スポンサーリンク

モダン

プロツアー『ゲートウォッチの誓い』調整記> by Seth Manfield

セス・マンフィールドによるモダン白黒エルドラージデッキの紹介です。
仮想敵となる高速デッキもレシピ付きで解説しています。

難題の予見者 作り変えるもの
W/B Eldrazi

4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

2:《破滅の刃/Doom Blade》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
2:《夜の囁き/Night’s Whisper》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《思考囲い/Thoughtseize》

4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
3:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《悪臭の荒野/Fetid Heath》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《神無き祭殿/Godless Shrine》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》
1:《平地/Plains》
2:《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》
1:《沼/Swamp》
3:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《解呪/Disenchant》
1:《強迫/Duress》
2:《記憶殺し/Memoricide》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3:《疲弊の休息/Rest for the Weary》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《石のような静寂/Stony Silence》

『ゲートウォッチの誓い』以前のエルドラージは、忘却蒔きを使用してマナ加速を狙っていました。
現在は作り変える者と難題の予見者と差し替えて、速度と安定感が増しています。
白を入れると色事故のリスクが増えますが、サイドボードが強力になります。

スポンサーリンク

リミテッド

Channel CalebD – Oath of the Gatewatch Draft> by Caleb Durward

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ