【まとめ】ラリーマスターが次に使うデッキ・シミック流、ずっと俺のターン!・マルドゥグリーンリプレイ他

world-breaker

プロツアー『ゲートウォッチの誓い』の興奮も過ぎ去り、プロプレイヤー達がOGW環境のスタンダードに取り組み始めました。
ラリーがベストデッキというのがPT前の前提でしたが、それも徐々に変わりつつあります。
今回はラリーに相性が良く、デッキパワーも高いデッキを紹介します。

スポンサーリンク

スタンダード

ラリーマスターが次に使うデッキ> by MICHAEL MAJORS

4色ラリーを使いトーナメントで好成績を残しているマイケル・メイジャーですが、最近は赤緑ランプを使っているそうです。
理由はラリーを使っていてランプに負け続けたから、とのこと。

世界を壊すもの
G/R Eldrazi Ramp

8:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

3:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》

サイドボード
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《垂直落下/Plummet》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
4:《焙り焼き/Roast》

塵への崩壊
ラリー対策として飛行クリーチャーが増えていることで、世界を壊すものが活躍する場面がさらに増えています。
またサイドボードの塵への崩壊は同型とラリー対策です。
特にラリーの梢の眺望を破壊できれば、キーになるスペルがほとんどプレイできなくなります。
その他、モダンのエルドラージに相性が良いデッキも紹介しています。

シミック流、ずっと俺のターン!> by Ali Aintrazi

昔から、緑で時間を稼ぎ青の追加ターンで一気にフィニッシュする、というデッキ一つの型として存在しています。
アリ・アイントラージが現代版追加ターンデッキとして二つのデッキを紹介しています。
ランプデッキと同様に、ラリーが支配している遅い環境では、時間稼ぎをすることができるでしょう。

水の帳の分離
Parting the Waterveil

3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》

3:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
3:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
1:《ニッサの復興/Nissa’s Renewal》
3:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
4:《水の帳の分離/Part the Waterveil》
3:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》

2:《荒廃した瀑布/Blighted Cataract》
8:《森/Forest》
6:《島/Island》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
3:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

サイドボード
3:《バーラ・ゲドを滅ぼすもの/Bane of Bala Ged》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
2:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
2:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《テレパスの才能/Talent of the Telepath》
2:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》

押し潰す触手 時間への侵入
さらに追加ターンに焦点をあてるとこうなりました。
フィニッシャーとして押し潰す触手も採用されています。


All the Turns!

3:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》

2:《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

2:《押し潰す触手/Crush of Tentacles》
2:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
1:《ニッサの復興/Nissa’s Renewal》
4:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
4:《水の帳の分離/Part the Waterveil》
2:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
4:《残された廃墟/Ruin in Their Wake》
2:《時間への侵入/Temporal Trespass》

4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
2:《肥沃な茂み/Fertile Thicket》
4:《森/Forest》
4:《島/Island》
4:《鏡の池/Mirrorpool》
4:《荒地/Wastes》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

サイドボード
2:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
3:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》

マルドゥグリーンリプレイ> by Caleb Durward

魂火の大導師を抜いた代わりにゴブリンの闇住まいを4枚、世界を壊すものまで採用してアドバンテージを取ることを最優先しています。

スポンサーリンク

リミテッド

Channel LSV – Oath of the Gatewatch Draft> by Luis Scott-Vargas

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ