【大会結果】カンパニーマスターが優勝!サム・ブラックも登場のSCGスタンダードクラシック

andy

SCGオープン ルイビルの裏番組として開催されたSCGクラシックですが、こちらも見逃さない結果になっています。

あらゆるカンパニーデッキを使い分け、バントカンパニーを創り出したアンディー・ファーガソンが見事優勝しました。
サム・ブラックがラリーを使ってTOP4に入るなど見所の多い大会です。

スポンサーリンク

TOP16デッキ分布

極端な偏りもなく非常に健全な環境だといえるでしょう。
最近数を減らしていたマルドゥが数を増やし、アブザンが減っています。
MOCSに引き続きバントカンパニーの活躍が目を引きます。

Bant Company – 4
Mardu Green – 3
Four-Color Rally – 2
G/R Eldrazi – 2
Jeskai Black – 1
Mardu – 1
Abzan Blue – 1
Abzan Aggro – 1
Bant Aggro – 1

スポンサーリンク

TOP8デッキリスト

Bant Company by Andy Ferguson
1st Place
2:《森/Forest》
1:《島/Island》
3:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

4:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
3:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
2:《絹包み/Silkwrap》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《払拭/Dispel》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》


G/R Eldrazi by Christopher OBryant
2nd Place
8:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

3:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》

サイドボード
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《垂直落下/Plummet》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
4:《焙り焼き/Roast》


Jeskai Black by Donnie Wise
3rd Place
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

2:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
2:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《道の探求者/Seeker of the Way》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》

4:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《払拭/Dispel》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》

サイドボード
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《否認/Negate》
2:《焙り焼き/Roast》
3:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》


Four-Color Rally by Samuel Black
4th Place
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

3:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
3:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
3:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
3:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
3:《払拭/Dispel》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《強迫/Duress》


Bant Company by Andrew Ziggas
5th Place
2:《森/Forest》
1:《島/Island》
3:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

4:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
2:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《集合した中隊/Collected Company》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》

サイドボード
2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
1:《風番いのロック/Wingmate Roc》
4:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《払拭/Dispel》
1:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》


Mardu Green by Patrick Narsavage
6th Place
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

2:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》

1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》

2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
3:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《強迫/Duress》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《骨読み/Read the Bones》
2:《焙り焼き/Roast》
1:《破滅の道/Ruinous Path》

サイドボード
3:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《完全なる終わり/Utter End》
3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《強迫/Duress》
1:《焙り焼き/Roast》
2:《精神背信/Transgress the Mind》


Four-Color Rally by Levi Basham
7th Place
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

4:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《苦痛の公使/Minister of Pain》
4:《払拭/Dispel》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《強迫/Duress》


G/R Eldrazi by David Koon
8th Place
1:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
5:《荒地/Wastes》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》

3:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
3:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
4:《残された廃墟/Ruin in Their Wake》

サイドボード
3:《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
3:《焙り焼き/Roast》
※メインボードが54枚です。恐らくフェッチランドとバトルランドが抜けています。

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ