【まとめ】遂にニッサが本気出した!赤緑アグロの進化+スタンエルドラージ

nissa-voice-of-zendikar-730x280

始まりはこのリスト

Atarka Tokens
Josh Utter-Leyton, 9th place in a MOCS a week ago
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《森/Forest》
11:《山/Mountain》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
3:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》

4:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
4:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《多勢/Outnumber》

サイドボード
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
2:《龍爪のヤソヴァ/Yasova Dragonclaw》

先週開催されたMOCSでジョシュ・ウッター=レイトンが使用したアタルカレッドです。
一見普通のリストに見えますが、メインのピア・ナラーとキラン・ナラーとサイドに4積みされたゼンディカーの代弁者、ニッサが特徴的です。

スポンサーリンク

広く行こう!> By Brian Braun-Duin

それを元にBBDがデッキを進化させました。

4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《森/Forest》
6:《山/Mountain》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

2:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
2:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

4:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
4:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《多勢/Outnumber》

サイドボード
2:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
1:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
1:《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
4:《焙り焼き/Roast》
2:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
2:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
3:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》

ニッサがメインに移動し、よりトークン戦略を重視しています。
果敢とも相性が良く、アタルカコマンドでの全体強化を狙い続けることができます。
サイド後はアラシンの僧侶を見越してミッドレンジになります。
土地を1枚足しても良いかも、とのこと。

スポンサーリンク

更に進化は続く

この週末に開催されたMOCSでは、アタルカレッドではなく赤緑上陸にニッサが採用されています。

まずはTOP8に入ったこのリスト

CCO (8TH PLACE)
STANDARD MOCS #9404438 ON 02/21/2016
2:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

2:《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》
4:《マキンディの滑り駆け/Makindi Sliderunner》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
4:《鎌豹/Scythe Leopard》

4:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
4:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
3:《多勢/Outnumber》

4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《森/Forest》
4:《山/Mountain》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
1:《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》
2:《強大化/Become Immense》
2:《沸き立つ大地/Boiling Earth》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《引き裂く流弾/Rending Volley》
3:《焙り焼き/Roast》
2:《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
1:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》

賞味期限の切れた上陸クリーチャーを全体強化することで、ブン回りと安定感を両立させています。
このデッキの強さは渡辺雄也さんもお墨付き(自身も10位と惜しい成績でした)。

nabe
またメインデッキにこそ入れてないものの、ブラッド・ネルソンもニッサを使った赤緑上陸で上位に入っています。
先週バントカンパニーを進化させたと思ったら何と順応力が高い…

FFFREAK (17TH PLACE)
STANDARD MOCS #9404438 ON 02/21/2016
4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《鎌豹/Scythe Leopard》
3:《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid》
2:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》

3:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《強大化/Become Immense》
4:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
4:《タイタンの力/Titan’s Strength》

4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
5:《森/Forest》
5:《山/Mountain》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
3:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
2:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
3:《焙り焼き/Roast》
2:《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》

ラリーに強い緑単エルドラージが増え、赤対策がアラシンの僧侶が主流になった、と思った瞬間の出来事でした。
最近減り気味のコジレックの帰還を見かけることが増えるかもしれません。

スポンサーリンク

おまけ:スタンエルドラージ

モダンでのエルドラージの隆盛はSCGオープンの結果どおりですが、スタンダードでもエルドラージビートダウンが結果を出し始めています。
たまに見かける程度のデッキでしたが、同じく結果を残しています。

BSWEITZ (13TH PLACE)
STANDARD MOCS #9404438 ON 02/21/2016
4:《次元潜入者/Dimensional Infiltrator》
4:《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《破滅を導くもの/Ruination Guide》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《つむじ風のならず者/Whirler Rogue》

3:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
4:《幽霊火の刃/Ghostfire Blade》

4:《領事の鋳造所/Foundry of the Consuls》
9:《島/Island》
2:《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《精霊龍の墓/Tomb of the Spirit Dragon》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

サイドボード
1:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《払拭/Dispel》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
2:《現実変容/Reality Shift》
2:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》

まだまだ現環境のスタンダードは深掘りがいがありそうです!

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ