【まとめ】メングッチの新環境のスタート地点・SCGエースたちの新デッキビデオ他

deathmist-raptor-730x280

プレリリースも終わり、イニストラードを覆う影を使ったスタンダードが目の前です。
今回は前環境のカードを大量に引き継いだ本命デッキと、新カードを使ったアーキタイプの対戦ビデオを紹介します。

スポンサーリンク

スタンダード

環境のスタート地点:緑白ミッドレンジ> by Andrea Mengucci

Green/White Midrange
8:《森/Forest》
5:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》

4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
3:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

2:《絹包み/Silkwrap》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

サイドボード
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
3:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
1:《絹包み/Silkwrap》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《翼切り/Clip Wings》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》

大天使アヴァシン 医師の宣告

以前より強かった緑白大変異とプレインズウォーカーを合わせたようなデッキです。
2マナ域に搭載歩行機械を入れていない理由は、環境に追放除去が多すぎるため、とのことです。
また安定してギデオンをプレイヤーするには白マナが少なめですが、ニッサの違いが助けになります。
アドボケはミシュラランドが無いので使用していません。
環境を支配することは無いでしょうが、まず意識するべきデッキといえます。

Ross VS. Majors: Naya Planeswalkers VS. B/W Control> by ROSS MERRIAM & MICHAEL MAJORS

SCGのトッププレイヤー、マイケルとロスによるVSビデオシリーズです。
どちらも注目の新PWアーリン・コードと死の宿敵、ソリンを採用したコントロールです。

アーリン・コード 死の宿敵ソリン

Naya Planeswalkers by Ross Merriam
6:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《獲物道/Game Trail》
4:《鋭い突端/Needle Spires》

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《飛行機械技師/Thopter Engineer》
3:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》

3:《アーリン・コード/Arlinn Kord》
2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
3:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
3:《天使の粛清/Angelic Purge》

サイドボード
3:《黄金夜の懲罰者/Goldnight Castigator》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
2:《翼切り/Clip Wings》
3:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《反逆の行動/Act of Treason》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》


B/W Control by Michael Majors
2:《平地/Plains》
8:《沼/Swamp》
4:《荒廃した湿原/Blighted Fen》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
2:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》

1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
4:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》

4:《崩れた墓石/Corrupted Grafstone》
3:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
3:《死の重み/Dead Weight》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《餌食/To the Slaughter》
2:《闇の誓願/Dark Petition》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《強迫/Duress》
3:《衰滅/Languish》
1:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《精神背信/Transgress the Mind》

サイドボード
3:《目覚めし処刑者/Risen Executioner》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《強迫/Duress》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《知恵の拝借/Pick the Brain》
3:《骨読み/Read the Bones》
※メインボードが59枚です

スポンサーリンク

レガシー

Channel LSV – Legacy Ad Nauseam> by Luis Scott-Vargas

1:《Bayou》
2:《Underground Sea》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《Volcanic Island》
1:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《Tropical Island》

4:《暗黒の儀式/Dark Ritual》
3:《強迫/Duress》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《冥府の教示者/Infernal Tutor》
2:《炎の中の過去/Past in Flames》
4:《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
1:《定業/Preordain》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《思案/Ponder》
1:《汚物の雨/Rain of Filth》
1:《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1:《むかつき/Ad Nauseam》

サイドボード
1:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《残響する真実/Echoing Truth》
3:《闇の腹心/Dark Confidant》
1:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
2:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《苦悶の触手/Tendrils of Agony》

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ