【まとめ】エスパーエンチャントパクト・人間vsバントカンパニー・SOIリミテッドチートシート他

Invasive-Surgery-Shadows-over-Innistrad-Art-730x280

プロツアー直前の大規模トーナメントである、SCGインビテーショナルもオープンも、どちらもバントカンパニーが現環境のベストデッキだということを証明しました。
果たしてそれを超える新しいデッキは登場するのでしょうか。

スポンサーリンク

スタンダード

エスパーエンチャントパクト> by Eric Froehlich

バントカンパニーが大活躍する裏で、非常に独創的なデッキが活躍を見せていました。
常に登場の機会を狙っている悪魔の契約デッキの新バージョンです。
天使の粛清という新しい契約破棄の手段を手に入れただけでなく、ニクスの星原という別のアングルからの勝利手段も備えている点が独創的です。

Esper Demonic Pact by Charles League
33rd place in a Standard Open
1:《島/Island》
4:《平地/Plains》
5:《沼/Swamp》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
3:《窪み渓谷/Sunken Hollow》

3:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》

1:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》

2:《死の重み/Dead Weight》
4:《悪魔の契約/Demonic Pact》
3:《絹包み/Silkwrap》
1:《悪意の調合/Sinister Concoction》
3:《ニクスの星原/Starfield of Nyx》
4:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
1:《分散/Disperse》
3:《シルムガルの命令/Silumgar’s Command》
3:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
2:《天使の粛清/Angelic Purge》
3:《衰滅/Languish》

サイドボード
3:《血に呪われた騎士/Blood-Cursed Knight》
2:《目覚めし処刑者/Risen Executioner》
2:《死の重み/Dead Weight》
2:《悪性の疫病/Virulent Plague》
3:《否認/Negate》
1:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》

Ross VS. Majors: Mono-White Humans VS. Bant Company> by ROSS MERRIAM & MICHAEL MAJORS

バントカンパニーがベストデッキですが、それと同じぐらい人間デッキも素晴らしい結果を残しています。
大会中に何度となく繰り返されるでもあろうマッチアップを、SCGのエースである2人が解説付きで対戦しています。

Mono-White Humans by Kellen Pastore
2nd Place at StarCityGames.com Standard Open
19:《平地/Plains》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》

2:《領事補佐官/Consul’s Lieutenant》
3:《ドラゴンを狩る者/Dragon Hunter》
2:《探検隊の特使/Expedition Envoy》
3:《ハンウィアーの民兵隊長/Hanweir Militia Captain》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
3:《町のゴシップ屋/Town Gossipmonger》
3:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》

3:《永遠の見守り/Always Watching》
3:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》

サイドボード
2:《フェリダーの仔/Felidar Cub》
1:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
2:《絹包み/Silkwrap》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《荒野の確保/Secure the Wastes》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》


Bant Company by Jim Davis
1st Place at StarCityGames.com Standard Open
3:《森/Forest》
2:《島/Island》
3:《平地/Plains》
3:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《要塞化した村/Fortified Village》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
1:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》

4:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

4:《集合した中隊/Collected Company》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》

サイドボード
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
2:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《聖トラフトの祈祷/Invocation of Saint Traft》
2:《翼切り/Clip Wings》
3:《否認/Negate》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》

スポンサーリンク

リミテッド

SOIリミテッド・チートシート> by Pascal Maynard

先週末MOでもSOIが発売され、いよいよリミテッドも本格的にはじまります。
パスカル・メイナードが各色のコモンとアンコモンの、マナコスト順のクリーチャーとバットリをリストにして並べてくれています。
これを横に開きながらMOをやると、対戦相手の動きも予測できるのではないでしょうか。
なお計算上、一回のドラフトで各コモンは2枚、アンコモンは1枚弱でると予想されます。
これは両面カードにもあてはまるので覚えておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

モダン

<Channel PMayne – Modern Tezzeret Thopter> by Pascal Maynard


2:《沼/Swamp》
1:《島/Island》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《トレイリア西部/Tolaria West》
1:《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《湿った墓/Watery Grave》
4:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》

4:《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》
3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

4:《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
3:《弱者の剣/Sword of the Meek》
4:《知識の渇望/Thirst for Knowledge》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《見栄え損ない/Disfigure》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《処刑人の薬包/Executioner’s Capsule》
2:《滅び/Damnation》

サイドボード
1:《見栄え損ない/Disfigure》
1:《強迫/Duress》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
3:《ハーキルの召還術/Hurkyl’s Recall》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
1:《罠の橋/Ensnaring Bridge》

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ