【翻訳】LSVのプレイング 青緑手掛かり VS. 緑白昂揚 by Luis Scott-Vargas

stitched-mangler-602x280

Channel Fireballより、恒例のLSVのプレイングのコーナー。
今回はSOIリミテッドからの1シーンです。
簡単なようで非常に繊細な1場面です。

一部省略、意訳を含んでいますので、是非原文も見てみて下さい。

スポンサーリンク

今回の状況

wtp

SOIドラフトでデッキは以下の通り。

image-1

飛行クリーチャーに殴られているが、地上は固めている。
しかし巣網から見張るもののせいでこのターンはダメージを与えられないでいる。
どのように攻撃するかがキーになるだろう。

巣網から見張るもの

どれも飛行クリーチャーをブロックできないので、基本的にはアタックだ。

帳簿兵

戦闘前に手掛かりや徴募兵を起動することで選択が変わるかもしれない。
その二つなら徴募兵の方がベターだ。
デッキに残っている引きたいカードはこの2枚。

縫合の刻み獣 解答の強要

手掛かりで1発で引ければ最高だが、確率を考えて3枚見られた方が良いだろう。
もし刻み獣を引けたならクモをタップして勝利だ。

しかし事前に徴募兵を起動することで、対戦相手は全てのクリーチャーをブロックする必要がなくなる。
もし徴募兵がミスると、対戦相手はパワー2のクリーチャーをブロックしてダメージを10点に抑えることができる。
これは単に3点残してしまうだけではなく、次のターンもブロックされることを意味している。

スポンサーリンク

そこから得られた私のプレイ

私のプレイ

まず森をプレイする。
全クリーチャーで攻撃し、巣網から見張るものでブロックさせる。
もし対戦相手が針毛の狼を狙ったらそのまま相打ちだ。
徴募兵を念のため起動して(恐らくミスるが)、戦闘後にいるエルドワルの照光をプレイする。
もし対戦相手が徴募兵を殺しにきたらダメージ解決前に起動する。

エルドワルの昭光

エルドワルの照光でどちらかの飛行クリーチャーをブロックすれば、返しのアタックで勝てるだろう。

スポンサーリンク

私の実際のプレイ

私が実際にこのシチュエーションに直面した時には致命的なミスを犯している。
クモを倒すための全軍アタックをしなかったのだ。
そのため2/2を2体止められ、次のターンも十分なダメージを与えることができなかった。

全軍アタックという単純な回答だが、興味深い状況だったと言えるだろう。

LSV

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ