【まとめ】GP台北を市川ユウキ選手が優勝!赤緑トークンデッキガイド・バント人間デッキガイド・モダン緑白トークン他

yuuki

本当に今季最後の大イベントで市川ユウキさんが見事優勝しました!
強豪たちによるデッキ解説記事も増えています。
どちらもサイドプラン付きなので、是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

スタンダード

GP台北

2度目の優勝をもたらしたデッキはバントカンパニーでした。
先週は緑白トークンでしたが、今週はカンパニーとなり、この2つのデッキによる環境だったとえいるでしょう。

公式サイトにはTOP32のデッキリストが掲載されています。

YUUKI ICHIKAWA’S BANT COMPANY
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》

3:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《荒地/Wastes》
1:《島/Island》
4:《森/Forest》
3:《平地/Plains》

サイドボード
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
3:《否認/Negate》

赤緑トークンデッキガイド> by Pascal Maynard

パスカル・メイナードによる赤緑トークンデッキの解説です。
サイドプランも紹介されています。
あえて緑白にしない理由は、飛行クリーチャーが強い環境だから、とのこと。
カンパニー系のデッキや人間デッキには相性が良いそうです。

RG Tokens
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
4:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《獲物道/Game Trail》
7:《山/Mountain》
8:《森/Forest》

4:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《飛行機械技師/Thopter Engineer》
2:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》

3:《アーリン・コード/Arlinn Kord》
2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

2:《多勢/Outnumber》
1:《稲妻の斧/Lightning Axe》
1:《焦熱の結末/Fiery Conclusion》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

サイドボード
2:《威圧の誇示/Display of Dominance》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《焙り焼き/Roast》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《引き裂く流弾/Rending Volley》
2:《翼切り/Clip Wings》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

バント人間デッキガイド> by Oliver Tiu

GP東京で渡辺裕也さんが使用し、一気にポピュラーになったデッキタイプです。
このデッキは変位エルドラージを採用していないタイプです。
非常にシナジー重視で、抜くカードの判断も難しいデッキなのでサイドプランが参考になります。

Bant Humans
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
6:《平地/Plains》
3:《森/Forest》
1:《島/Island》

2:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
3:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》

サイドボード
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
3:《否認/Negate》

スポンサーリンク

モダン

Channel Pardee Time – Modern GW Tokens> by Sam Pardee

GW Tokens
4:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
3:《風立ての高地/Windbrisk Heights》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
2:《平地/Plains》

4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《アヴァシンの巡礼者/Avacyn’s Pilgrim》

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

4:《幽体の行列/Spectral Procession》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
4:《急報/Raise the Alarm》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《四肢切断/Dismember》

サイドボード
3:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》
2:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
2:《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
2:《はらわた撃ち/Gut Shot》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《法の定め/Rule of Law》

スポンサーリンク

リミテッド

Channel CalebD – Eternal Masters Draft> by Caleb Durward

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ