【まとめ】GP優勝者が語るアブザンコン・最新型エスパードラゴン・カーステンのGPサンパウロから、他

ensoul-artifact-730x280

現在のトップメタであるアブザンとエスパーそれぞれのプレイングガイドをお届けします。
その他、GPサンパウロでライターを務めていたフランク・カーステンによる気になるデッキ紹介です。

スポンサーリンク

スタンダード

GPトロント優勝 アブザンコントロールガイド> by Lucas Siow

GPトロントを制したルーカス・ショーによるレポートとプレイングガイドです。
各マッチアップの相性とサイドプランについても解説しています。
棲み家の防御者によって本来相性の悪い、青系コントロールに耐性がついています。


Abzan Control by Lucas Siow
4:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《平地/Plains》
3:《森/Forest》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》

3:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《骨読み/Read the Bones》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《胆汁病/Bile Blight》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》

サイドボード
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1:《骨読み/Read the Bones》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《強迫/Duress》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《信者の沈黙/Silence the Believers》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》


エスパードラゴン プレイングガイド> by Pascal Maynard

最近のエスパードラゴンで見かけるようになった、オジュタイ4枚、メインアショクの形を紹介しています。
サイドボードガイドつきです。


Esper Dragons by Pascal Maynard
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《平地/Plains》

4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》

1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》

4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
2:《解消/Dissolve》
2:《胆汁病/Bile Blight》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《予期/Anticipate》

サイドボード
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
2:《胆汁病/Bile Blight》
1:《強迫/Duress》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《危険な櫃/Perilous Vault》
1:《目覚めし処刑者/Risen Executioner》
1:《雲散霧消/Dissipate》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》


GPサンパウロから新たなデッキ達> by Frank Karsten

GPサンパウロにライターとして参加したフランク・カーステンが、4敗ラインで気になったデッキをピックアップしています。
その他、先祖の結集デッキについても言及しています。


Mono-Blue Ensoul Devotion by Nicholas Damian
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
15:《島/Island》

4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《波使い/Master of Waves》
3:《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》
4:《岸砕きの精霊/Shorecrasher Elemental》
4:《グドゥルの闇潜み/Gudul Lurker》
3:《前兆語り/Omenspeaker》
4:《惑乱のセイレーン/Hypnotic Siren》

4:《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4:《軍事情報/Military Intelligence》
1:《タッサの二叉槍/Bident of Thassa》
1:《凱旋の間/Hall of Triumph》

サイドボード
3:《シルムガルの魔術師/Silumgar Sorcerer》
3:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
2:《氷固め/Encase in Ice》
2:《否認/Negate》
1:《鐘音の一撃/Singing Bell Strike》
1:《タッサの二叉槍/Bident of Thassa》
1:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
1:《前兆語り/Omenspeaker》


Channel Reid – Standard UW Control> by Reid Duke


スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ