【まとめ】デュークのモダン赤単信心・モダンフェスティバルを制したのは何と!・ナカティルバーン他

avaricious-dragon-730x280

最近はマジック・オリジン入りスタンの記事を中心に紹介してきましたが、今回はモダンについても触れていきます。
スタンダードが盛り上がるの勿論ですが、PPTQのモダンもまだまだ続きます。
是非是非、今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スタンダード

BBD vs. CVM:緑白カンパニー vs. 青黒今後ロール> by BRIAN BRAUN-DUIN & CHRIS VANMETER

世界一スタンダードをプレイしている男たち(たぶん)のVSビデオシリーズ。
今回はキテオン・ニッサの2大プレインズウォーカーを入れた緑白カンパニーデッキと、衰滅入りの青黒コントロールの対戦です。
今回からビデオをゲームごとに別れて見やすくなりました。


G/W Company by Brian Braun-Duin
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
2:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
3:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
3:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

4:《集合した中隊/Collected Company》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》

7:《森/Forest》
6:《平地/Plains》
2:《花咲く砂地/Blossoming Sands》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
4:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

サイドボード
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》
2:《スズメバチの巣/Hornet Nest》
2:《垂直落下/Plummet》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》


U/B Control by Brad Nelson
4:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
1:《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

2:《危険な櫃/Perilous Vault》
2:《胆汁病/Bile Blight》
2:《意思の激突/Clash of Wills》
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
4:《解消/Dissolve》
1:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
4:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《ジェイスの創意/Jace’s Ingenuity》
2:《信者の沈黙/Silence the Believers》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
3:《衰滅/Languish》

4:《島/Island》
4:《沼/Swamp》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《光輝の泉/Radiant Fountain》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
1:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
2:《疾病の神殿/Temple of Malady》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
1:《頭蓋書庫/Cranial Archive》
1:《真珠湖の古きもの/Pearl Lake Ancient》
2:《霊気渦竜巻/AEtherspouts》
1:《胆汁病/Bile Blight》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《否認/Negate》
1:《ファリカの療法/Pharika’s Cure》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《思考囲い/Thoughtseize》


スポンサーリンク

モダン

デュークのモダン赤単信心> by Reid Duke

リード・デュークがオリジン入りの赤単信心を紹介しています。
レガシーのドラゴンストンピーを思わせるような、クリーチャー主体のデッキです。
新チャンドラや強欲なドラゴンがフルに採用されています。


Mono Red Devotion by Reid Duke
6:《山/Mountain》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
2:《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》

4:《運命の大立者/Figure of Destiny》
4:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4:《モグの狂信者/Mogg Fanatic》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
4:《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》
4:《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》
4:《カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh》
4:《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》

4:《稲妻/Lightning Bolt》

サイドボード
4:《ドラゴンの爪/Dragon’s Claw》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《破壊放題/Shattering Spree》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
1:《窒息/Choke》
2:《呪文滑り/Spellskite》


モダンフェスティバルのチャンピオンはまさかのドレッジバイン!?> by GERRY THOMPSON

先日マジックオンラインで開催されたモダンフェスティバル。
優勝したデッキはまさかのドレッジバインでした。
デイリーイベントで同系統のデッキが少し登場していたようですが、誰も予測していない角度からの優勝にモダンの奥深さを感じます。


Dredgevine by LEGION273
4:《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
4:《墓所這い/Gravecrawler》
4:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《ロッテスのトロール/Lotleth Troll》
1:《朽ちゆくネズミ/Rotting Rats》
3:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
4:《復讐蔦/Vengevine》

3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《暗黒破/Darkblast》
1:《骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone》
2:《稲妻の斧/Lightning Axe》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
1:《壌土からの生命/Life from the Loam》

1:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
3:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

サイドボード
2:《呪文滑り/Spellskite》
1:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone》
2:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《滅び/Damnation》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
4:《思考囲い/Thoughtseize》


Channel PMayne – Modern Nacatl Burn> by Pascal Maynard

GPシャーロットでジョシュ・ユタ・レイトンが使用していたナカティル入りナヤバーンを、パスカル・メイナードがアップデートしました。
12体の最強1マナクリーチャーとバーンの融合です。


Modern Naya Burn by Pascal Maynard
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《山/Mountain》

4:《野生のナカティル/Wild Nacatl》
4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》

4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4:《ボロスの魔除け/Boros Charm》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
1:《稲妻のらせん/Lightning Helix》

サイドボード
4:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2:《溶鉄の雨/Molten Rain》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《頭蓋割り/Skullcrack》
1:《跳ね返す掌/Deflecting Palm》
1:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
3:《コーの火歩き/Kor Firewalker》


スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ