【価格動向】『戦乱のゼンディカ―』神話レア全公開!トップレア シングル価格ランキング!

BFZ-730x280

遂に『戦乱のゼンディカ―』の全神話レアが公開されました!
各種プレインズウォーカーをはじめとして、各種エルドラージなど見どころ満載です。
土地がテーマのセットということもあり、2色土地も充実しています。

今回フルスポイラーに先駆け、シングル予約価格の調査を行いましたのでご紹介します。

各カードの値段はMTG GOLDFISHを参考にしています。

スポンサーリンク

プレインズウォーカー編

1位 ゼンディカーの同盟者、ギデオン:$25

gideon
戦乱のゼンディカ―全体を通して不動の1位です。
一時期、若干下がりましたがすぐに回復しています。
間違いなく使われることになる1枚で、今後の活躍が楽しみですね。

2位 深海の主、キオーラ:$18

kiora
最大で$20を記録しましたが現在は下降傾向。
クセの強い能力なので、使用するデッキが存在するか、が大きなポイントになるでしょう。
上振れも下振れもあり得るカードです。

3位 灯の再覚醒、オブ・ニクシリス:$18

obnixilis
キオーラとほぼ同額ですが、期待値はナンバー1と言えるのではないでしょうか。
先日のアリもそうですが、強豪プレイヤーたちが多数期待を寄せており、値動きもそれを反映しています。
さらなる値上がりが期待されます。

スポンサーリンク

その他神話レア編

1位 絶え間ない飢餓、ウラモグ:$22

ulamog
ギデオンに続いて全体では2位の値段です。
環境のスピードがこの重さを許容できるのか、によって今後変動するでしょう。
リアニメイト可能ですが、滅殺がついていないので、普通にプレイしたいところです。

2位 淀みの種父:$15

sireof
最後に公開された神話レアがランクイン。
実質相手に土地を置けなくさせるので、マナランプ同型で活躍しそうです。
まだ値動きのデータが無いので未知数の部分も多いといえます。

3位 マラキールの解放者、ドラーナ:$13

drana
遂に出た神話同盟者。
回避能力&先制持ちなので自軍を簡単に強化できます。
場合によってはモダンで同盟者カンパニーの様なデッキも登場するかも!?

4位 水の帳の分離:$12

partthewaterveil
1マナ重くなった代わりに覚醒がついたタイムワープ。
こちらも公開されたばかりなので値動きは未知数ですが、追加ターンはEDH需要もあるので、しばらくは$10前後を維持するでしょう。

5位 下生えの勇者:$10

undergrowth
ダメージで死なないクリーチャー。
死霧の猛禽と並んで、緑の3マナ域のエースになれるのか。
使ってみて強さが分かるタイプのカードなので、今後が楽しみです。

スポンサーリンク

レア土地編

バトルランド:$8.5~6.5

sunken
基本土地属性を持った2色土地(通称:バトルランド)は各種これぐらいの値段で推移しています。
青黒・青白が高くて、赤黒が安いのはいつものことですね。

ミシュラランド:$4.5

lumbering
青緑と白黒のミシュラランドは、バトルランドよりも若干安くこの値段。
唯一の対抗色ランドとして、使用される場面は多いでしょう。

今回は以上です。
次は、各カードの評価が更に定まってからお送りする予定です。

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ