【まとめ・価格動向】機械巨人を使おう!トッププレイヤー達の新デッキ案・新ニッサに爆上げの兆し

noxious-gearhulk-730x280

ようやく『カラデシュ』のフルスポイラーも公開され、トッププレイヤー達による新デッキ案が公開されはじめました。
今回は特に機械巨人を使用したデッキを紹介します。

また生命の力、ニッサをはじめとして、一部のカードに値上りの兆候が出ていますのでそちらも注目です。

スポンサーリンク

スタンダード

害悪の機械巨人は黒タイタンの再来> by Joel Larsson

PTチャンプで最近MTG MINT CARDからChannel Fireballに移籍したジョエル・ラーソンによるデッキ紹介です。

%e5%ae%b3%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%b7%a8%e4%ba%ba

このカードは強さはほぼ確実に2対1を取れるところであり、威迫のおかげでそれ以上の働きをする可能性まであります。
またライフゲインについても、包囲サイやスフィンクスの啓示の強さを考えると、強力なオマケだといえます。

またアーティファクトなのでエムラクールのコスト削減にも役に立ったり、サーチカードで持ってきやすいというメリットもあります。

それを踏まえた新昂揚デッキです。

BG Delirium Gearhulk
6:《沼/Swamp》
5:《森/Forest》
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》

4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《金線の使い魔/Filigree Familiar》
2:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》

4:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》

2:《餌食/To the Slaughter》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《発生の器/Vessel of Nascency》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》

緑白ハルクマニア> by Brian DeMars

%e6%96%b0%e7%b7%91%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%b7%a8%e4%ba%ba

もう一つは緑白機会巨人を使ったデッキです。
はじめて梅澤の十手を見たときと同じぐらいの衝撃を受けたとのことです。
包囲サイの様に何も考えずに4枚入れるレベルだ、とも。

マナクリは死天狗茸の栽培者が強力ですが、リリアナにやられてしまうので、ウルヴェンワルドに囚われしものとミックスになっています。

%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%ab%e3%83%89%e3%81%ab%e5%9b%9a%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%ae

ラムホルトの平和主義者は巨人と噛み合っていますが、ドロモカの命令からのドブンがなくなったのでメインには採用していません。

%e9%a0%98%e4%ba%8b%e3%81%ae%e6%97%97%e8%89%a6%e3%80%81%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%b3

1差しの領事の旗艦、スカイソブリンも良い働きをするとのこと。

もともとは新ニッサを使ったプレインズウォーカーデッキにしようと思っていたそうですが、今回は機会巨人を優先してこの構成になったそうです。

GW Hulk ‘Walkers
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
6:《平地/Plains》
5:《森/Forest》

4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《ウルヴェンワルドに囚われしもの/Ulvenwald Captive》
1:《死天狗茸の栽培者/Deathcap Cultivator》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《停滞の罠/Stasis Snare》

1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》

サイドボード
2:《燻蒸/Fumigate》
4:《首絞め/Noose Constrictor》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《激変の機械巨人/Cataclysmic Gearhulk》
2:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
1:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》

スポンサーリンク

価格動向

フルスポイラーが公開されてから動きの合ったカードを紹介します。

生命の力、ニッサ

%e7%94%9f%e5%91%bd%e3%81%ae%e5%8a%9b%e3%80%81%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b5

公開時は2500円程度での予約価格でしたが、先週末に突然値上がりし、現在は3000円以上になっています。
分かりやすく強力な神話レアがチャンドラとニッサしかなかったためだと思われます。

新緑の機械巨人

%e6%96%b0%e7%b7%91%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%b7%a8%e4%ba%ba

と言いつつ緑機会巨人も微妙に値上がり傾向にあります。
数百円程度ではありますが、使う予定があるなら早めがおススメです。

密輸人の回転翼機

%e5%af%86%e8%bc%b8%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%9b%9e%e8%bb%a2%e7%bf%bc%e6%a9%9f

これまで取り上げたこともなかったのですが、ここにきて突然の値上がりを見せています。
アメリカでは$3が$6になったので、日本でも同じような動きをみせるでしょう。
新たなハンガーバックになれるのか!?

スポンサーリンク

こちらもおススメ

【価格動向】『カラデシュ』フルスポ直前!価格調査最新版!新チャンドラはどうなった?
『カラデシュ』のカードも主要カードは殆どが公開されました。 残るはフルスポ公開時のコモンやアンコモンだけでしょう。 今回は
【翻訳】強豪プレイヤーの『カラデシュ』セット評価!反逆の先導者、チャンドラは本物か!?
『カラデシュ』のスポイラーも主要カードは、ほぼ出そろってきました。 今回はチェコの強豪プレイヤー アダム・コスカのファースト
『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ