【翻訳・おまけ】『カラデシュ』対応版!緑黒昂揚と青赤バーン・PVのプレリガイド

chandra-torch-of-defiance-730x280

Channnel Fireballよりパスカル・メナードによるデッキ考察記事を紹介します。
ローテーションにより、カンパニーなどいくつかのデッキが姿を消しましたが、生き残るデッキもたくさんあります。
今回は緑黒昂揚と青赤バーンの失ったものと得たものについてみていきましょう。

省略、意訳を含んでいますので、是非原文も見てみて下さい。


エネルギーやアーティファクトがテーマの『カラデシュ』では全く新しいデッキが生まれるだろう。
新カードは、ローテーションを生き残ったデッキとはかみ合わないものがメインだ。
しかし例外もある。
今回はそれについてみていこう。

スポンサーリンク

緑黒昂揚

巨森の予見者、ニッサを失ったのは非常に痛い。
その穴を埋めるほどのインパクトはないが、新カードがこのデッキを存続させるだろう。

%e5%ae%b3%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%b7%a8%e4%ba%ba %e8%8a%b1%e7%9b%9b%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%b9%bf%e5%9c%b0 %e9%99%b0%e8%ac%80%e3%81%ae%e6%82%aa%e9%ad%94 %e9%81%8e%e9%85%b7%e3%81%aa%e7%b2%be%e6%9f%bb %e9%87%91%e5%b1%9e%e7%b4%a1%e7%b8%be%e5%b7%a5%e3%81%ae%e7%b5%84%e7%b4%b0%e5%b7%a5 %e9%9a%94%e7%b5%b6%e3%81%97%e3%81%9f%e9%9a%a0%e3%81%97%e5%a0%b4%e6%89%80 %e5%a4%b1%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f%e9%81%ba%e7%94%a3 %e5%bf%8d%e3%81%b3%e5%af%84%e3%82%8b%e3%82%ab%e3%83%93 %e6%9c%ac%e8%b3%aa%e3%81%ae%e6%91%98%e5%87%ba

害悪の機械巨人がまず候補にあがる。
前環境で使われていた光り葉の選別者よりも強く、アーティファクトなのでエムラクールや昂揚シナジーもある。

花盛りの湿地も使われるだろうが、残念ながらラノワールの荒原ほどではない。
土地を並べるこのデッキではタップインはいまいちだ。

陰謀の悪魔はサイドカードだろう。
アグロデッキには重すぎるが、謎の石の儀式を使ったデッキやトークン戦略には有効だ。
ウルヴェンワルド横断で持ってこられれば最高。

蔑みは基本的にはプレイされないカードだった。
過酷な精査も同じ雰囲気がする。
しかし検討の価値はあるだろう。
前環境はクリーチャーだらけだったし、エムラクールを捨てさせられる。
占術1が付いてどれだけ改善しただろうか。

1点支払ってサイクリングは全く強くない。
金属紡績工の組細工が評価できるのは、昂揚に貢献するからだ。
起動型能力まで使ってようやく意味のある働きをするが、それでも2点ライフと5マナかかっている。

隔絶した隠し場所は手札に戻すわけでもなく、土地が減るのはエムラクールと相性が悪く、はっきりいって評価できない。
しかしエムラクールを使わず、残忍な剥ぎ取りを使ったアグロタイプなら使うかもしれない。
どんなリストになるかは想像できないが、記憶に留めておく価値はあるだろう。

失われた遺産は単純に無限の抹消の代替だ。
使い方の幅が少し広がったが、基本的にはターボエムラクール対策だ。

スポンサーリンク

青赤バーン

ドロモカの命令の退場は、赤とエンチャントを強化する。
特に青赤はローテーションで失うものも少なく、新しいカードも手に入れた。

%e5%b0%96%e5%a1%94%e6%96%ad%e3%81%ae%e9%81%8b%e6%b2%b3 %e5%8f%8d%e9%80%86%e3%81%ae%e5%85%88%e5%b0%8e%e8%80%85%e3%80%81%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9 %e6%8a%9c%e3%81%8d%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb %e7%82%8e%e3%81%ae%e9%9e%ad%e6%89%93%e3%81%a1 %e7%8b%ac%e5%89%b5%e3%81%ae%e7%81%ab%e8%8a%b1 %e5%84%80%e7%a4%bc%e7%9a%84%e6%8b%92%e5%90%a6

青赤は序盤の土地が非常に重要だ。
スタンダードではそこまで軽いスペルが重要ではないが、青赤は殆どが1,2マナだ。
ダメランでダメージを受けなくなったのは非常に大きい。

反逆の先導者、チャンドラだ。以上。
バーンデッキでは、インスタント火力を自分のターンにプレイしてもかまわないし、土地まで2点火力に代わるなんて!
2マナ加速は、さまよう噴気孔に使ってもよいし、熱病の幻視で引いたカードや集団的抵抗に使うこともできる。

次のカードに行こうと思ったが、さらに2つの能力もみなくては!4点火力に壊れた奥義。。。
まあこれぐらいにして次に行こうか。

抜き取り検査は火力ではないが、赤が苦手とする巨大クリーチャー対策になるし、熱病の幻視での時間稼ぎとも合っている。
基本はサイドカードだろう。

炎の鞭打ちはプレインズウォーカー構築済みデッキに入っているカードだが、スタンダードでも使用できる。
大抵、セラの天使やセンギアの吸血鬼の様に、構築済みのカードは微妙なものが多いが、このカードはプレイアブルだ。
シャドウムーアの炎の投げ槍は非常に強かったので、1マナ重くなった代わりにプレイしやすくなったので、充分プレイに値するだろう。
バーンデッキで使われておかしくないカードだ。

独創の火花は1マナで2~4点のダメージになる可能性があるが、単なるサイクリングになってしまうかもしれない。
柔軟性があると言えなくもないが、ランダム性が高すぎると思う。

1マナのカウンターは無視できない。
いつでも打ち消せるマナの税収だ。
儀礼的拒否で対象にするのはエムラクールと、アーティファクト達だ。
エムラクールを1マナで消したら気持ちよさそうだ。

今回は以上だ。
来週は他のデッキとして、エムラクールランプ、ティムール現出、青白スピリットを見ていこう!

スポンサーリンク

おまけ・リミテッド

カラデシュプレリガイド> by Paulo Vitor Damo da Rosa

PVによる『カラデシュ』のプレリガイドです。
各メカニズムの説明や、各色のトップカードを紹介しています。
プレリ前に是非1度目を通すことをおすすめします。

こちらもオススメ!

【まとめ・価格動向】機械巨人を使おう!トッププレイヤー達の新デッキ案・新ニッサに爆上げの兆し
ようやく『カラデシュ』のフルスポイラーも公開され、トッププレイヤー達による新デッキ案が公開されはじめました。 今回は特に機械
【翻訳】『カラデシュ』ローテーション後に生き残るデッキはどれ? by Pascal Maynard
Channel Fireballより、パスカル・メイナードによるスタンダードの考察です。 『カラデシュ』の発売によってローテ
『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ