【大会結果】GPトロント・GPサンパウロ終了!TOP8デッキリスト&メタゲームブレイクダウン

saopaulo

カナダおよびブラジルで開催されたスタンダードのグランプリ終了しました。
変わらずエスパー優位のサンパウロと、大変異が猛威を振るっているトロントと、現在のメタゲームの幅広さを実感させます。

スポンサーリンク

<GPトロント>

TOP8のデッキ分布とデッキリスト

アブザン大変異 2
アブザンミッドレンジ 1
アブザンアグロ 1
バント大変異 2
緑白中隊 1
マルドゥドラゴン 1

トッププロはブラッド・ネルソンやクレイグ・ウェスコーがTOP8入りしています。

メタゲームブレイクダウン

2日目のメタゲームブレイクダウンだとエスパーが第2位ですが、大変異系に抑えられてしまったのでしょうか。

Abzan Aggro 29(16%)
Esper Dragons 27(15%)
Atarka Red Aggro 25(14%)
Bant Megamorph 12(7%)
Abzan Megamorph 11(6%)
Abzan Midrange 7(4%)
Mono-Red Aggro 7(4%)
Mardu Dragons 6(3%)
Red-Green Dragons 6(3%)
Bant Heroic 5(3%)
Jeskai Tokens 4(2%)
Temur Monsters 4(2%)
Green-White Collected Company 4(2%)
Blue-Black Control 3(2%)
Red-Green Monsters 2(1%)


優勝:LUCAS SIOW’S ABZAN MIDRANGE

3:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》

4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》

4:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《骨読み/Read the Bones》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《胆汁病/Bile Blight》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》

4:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《平地/Plains》
3:《森/Forest》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1:《骨読み/Read the Bones》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《強迫/Duress》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《信者の沈黙/Silence the Believers》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》


TOP4:BRAD NELSON’S ABZAN AGGRO

2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》

3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》

4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《森/Forest》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《静寂の神殿/Temple of Silence》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
2:《平地/Plains》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード
1:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《強迫/Duress》
3:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》


TOP8:CRAIG WESCOE’S GREEN-WHITE COLLECTED COMPANY
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
3:《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
3:《道の探求者/Seeker of the Way》
1:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
3:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》

4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
5:《平地/Plains》
7:《森/Forest》
4:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》

サイドボード
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《光輝の粛清/Radiant Purge》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
4:《暴風/Windstorm》
2:《加護のサテュロス/Boon Satyr》


GPサンパウロ

TOP8のデッキ分布とデッキリスト

エスパードラゴン 3
アブザンアグロ 2
赤緑ドラゴン 1
赤緑信心 1
赤単t緑 1

トッププロではPVがTOP8入りしています。

メタゲームブレイクダウン

フランク・カーステンが詳細に分析しています。
U/B(/W) Dragons 21(16%)
Red Aggro 20(15%)
Abzan Aggro 17(13%)
R/G Dragons 12(9%)
Abzan Control/Megamorph 11(8%)
G/W Company 9(7%)
Sidisi-Whip 7(5%)
Bant Megamorph 7(5%)
Green Devotion 5(4%)
Bant Heroic 5(4%)


優勝:PAULO VITOR DAMO DA ROSA ‘S ESPER DRAGONS
1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》

4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》

2:《命運の核心/Crux of Fate》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《胆汁病/Bile Blight》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《解消/Dissolve》
3:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
2:《予期/Anticipate》

2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
3:《島/Island》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《沼/Swamp》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》

サイドボード
1:《胆汁病/Bile Blight》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
2:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《究極の価格/Ultimate Price》


『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ