【まとめ】ギセラとブルーナ、ブリセラの強さは?強豪プレイヤーによるギセラとエムラクールの評価他

Wizards-of-the-Coast-Magic-The-Gathering-Eldritch-Moon-Spoilers

毎日『異界月』のカードがプレビューで公開されていますが、その中でも特に気になるのはトップレアであるギセラとエムラクールの使い方でしょう。

今回はSCGのトッププレイヤーであるマイケルとCVMによる見立てと、早速作ってみたというデッキを紹介しましす。

スポンサーリンク

スタンダード

天使、合体、そして速攻> by MICHAEL MAJORS

マイケル・メイジャーによる異界月の初回レビューです。

折れた刃、ギセラ

まずギセラについて。
見た目通り4マナの悪斬の天使であり、非常に強力であるという評価です。
そしてギデオンより単体のカードパワーでは劣るものの、マナ効率の良さでは負けているというほどではありません。
反射魔導士にバウンスされてしまうという欠点もありますが、緑系のデッキで飛行で空を支配できるのは大きなメリットです。
ブロッカーとしても強力で、現環境で突破できるアタッカーは限られます。
ニッサの次のターンにプレイすれば万全の守りになります。

合体について

消えゆく光、ブルーナ

合体の片割れであるブルーナですが、マナコストの重さから一般的にはあまり期待されていません。
しかし出た瞬間に仕事をする、という点で評価しています。
現環境には強力な人間も天使も沢山いますし、リンヴァーラを誘発させれば最高です。
もしも合体出来たときには、オーメンダール並みに除去が難しいのでゲームを支配できるでしょう。

ただし合体はあくまでもおまけ程度に考えていて、出来たらラッキー程度でしょう。

例えば実際に緑白アグロを組んだ場合。

G/W Angels by Michael Majors
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
3:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》

2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》

9:《森/Forest》
9:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》

また青白エンジェルも可能性があります。

U/W Angels by Michael Majors
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
3:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》

3:《永遠の見守り/Always Watching》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《否認/Negate》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》

4:《島/Island》
12:《平地/Plains》
2:《曲がりくねる川/Meandering River》
4:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》

速攻について

ハンウィアーの要塞

ハンウィアーの要塞は同じ合体カードでも強さに失望した人が多かったかもしれませんが、土地の速攻能力だけでも充分評価できる、と考えているそうです。

例えば赤単エルドラージや青黒ゴーグル(ジェイス入り)、赤黒ドラゴンのどれに入れてもよい働きをするでしょう。
特にトップデッキ合戦になりやすい赤黒ドラゴンでは、ターンを縮めてくれるのは大きなアドバンテージになります。

異界月の悪夢> by CHRIS VANMETER

CVMも基本的にはマイケルと同じ意見です。
単体のカードパワーで評価するべきであり、ギセラは充分な強さがあります。
特に先手4ターン目に着地させると、返しのギデオンをけん制できるのは大きなメリットです。
また稲妻の一撃のような3点火力が無いことも追い風です。

悪斬ほどの安定感は無いが、悪斬よりもスピーディーといったところでしょうか。

ブルーナについても同様で、まあまあの評価を下しています。
戻したい主な人間と天使はこちらです。

ninngen
また合体メカニズムに注目して変わったカードに注目しています。
サリアの槍騎兵の能力で合体の相方やエムラクール、各種誓いを探すことができます。

サリアの槍騎兵
それを試したのが下記のデッキです。

Big White byChris VanMeter
4:《面晶体の這行器/Hedron Crawler》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
2:《サリアの槍騎兵/Thalia’s Lancers》
3:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
2:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
1:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

15:《平地/Plains》
4:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《領事の鋳造所/Foundry of the Consuls》
1:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
3:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》

サイドボード
3:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
1:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
オマケつきの”ただ強カード”としてギセラの活躍が期待されますね!

スポンサーリンク

モダン

Channel Mengucci – Modern Jeskai Nahiri> by Andrea Mengucci

スポンサーリンク

こちらもおススメ!

『カラデシュ』予約受付中!

『カラデシュ』予約受付中!


Amazon BOX
 バンドル

駿河屋 BOX

シェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして頂くと最新情報を逃しません!

コメントをどうぞ